JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

絶えずではありませんが時々寝ているとき、散歩しているときなど時間、状況に関係なく喉の奥に何か引っかかったものを吐き出

解決済みの質問:

絶えずではありませんが時々寝ているとき、散歩しているときなど時間、状況に関係なく喉の奥に何か引っかかったものを吐き出そうとするかのような大きな咳をします。散歩させると元気よく歩きます(約1.5キロ)が暑がるような大変荒い呼吸をするようになり、今朝散歩にの時100米程歩く間に排泄は順調でしたし歩く気持ちはあるようですが今までに無かった事ですが疲れたように家に戻ろうとしましたので抱いて連れて帰りました、どのような原因でしょうか?1週間前の検査ではやや肝機能が懸念されるほかは異常なしとの事でした。年齢は15歳(保健所で戴いたので推定)雑種、雌、体重7Kg。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ワンちゃんが咳をしており、今朝の散歩では疲れたようになったということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今は呼吸は落ち着いていますでしょうか?
病院では何か病気を指摘されたことはありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲にておこたえさせていただきます。
一般的にワンちゃんで咳をする場合は呼吸器疾患や心疾患のことが多いです。
心疾患の場合は聴診にて心雑音が聴取されることで分かることが多いです。
呼吸器疾患の場合は、感染症、加齢による気管気管支の変化(石灰沈着など)、呼吸器系の腫瘍などが考えられます。
1週間前に受診されたとのことですので、聴診などは当然されていると思いますから、心疾患の可能性よりは呼吸器疾患の疑いが強いと思います。
心疾患や呼吸器疾患の場合は容態の変化が命に関わることもあるため、できればなるべくはやめに受診されて、もう一度聴診していただいて、レントゲン検査をされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ゆめのことでお問い合わせを頂いておりましたが不慣れで見方が分からず連絡が遅くなりましたが現在は落ち着いて眠っています。検査の結果ALT92、ALP541でした、肝機能障害の疑いがあると指摘されましたが治療のお話はありませんでした。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
今は落ち着いて寝ているということですね。
恐らく肝疾患で咳をすることはないです。
先に返答してさせていただいた通りです。
今落ち着いていても動くとまた咳が出ると思いますので、症状が酷くならないうちに聴診やレントゲン検査などされることをお勧めいたします。
心疾患か呼吸器疾患の疑いが高いと思います。
他には甲状腺機能低下症などの内分泌疾患によって運動不耐性、易疲労性、などがでますが、咳の症状はあまりでません。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問