JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はい。どうぞよろしくお願い致します。先月の20日に11歳2カ月のマルチーズ(女の子)が、胃炎、腸炎、膵炎のため入院し

解決済みの質問:

はい。どうぞよろしくお願い致します。先月の20日に11歳2カ月のマルチーズ(女の子)が、胃炎、腸炎、膵炎のため入院していたのですが、病理検査の結果、胃腺癌で余命3~6カ月位であると診断されました。癌は胃の1/4~1/3位まであるので手術をしても効果はないと言われました。放射線療法も抗がん治療もデメリットの方が多いとも。家族としても苦痛を与えたくない思いは同じですが、どうしても、このまま(現在は退院、胃炎、腸炎、膵炎はほぼ完治して在宅治療をしています。)一日でも長く元気で苦しい思いをさせたくないと思う一心で、このまま手をこまねいて余命宣告を受け入れる気持ちにはなれません。ネットで調べまくって、レンチンコップというサプリメントが癌に有効であると知って、退院以降(とりあえず、主治医の了承は得ています)それを服用させているのですが、果たしてそれが本当にうちの子に効くのか大変心細く思っています。今のところ、とても元気にしており、口からも療養食を食べています。ただ、主治医はじきに口から食べられなくなることを想定して首から胃へのチューブを通して下さっています。もともと口からは決して薬やサプリメントを飲まない子ですので、病院から頂いている薬やレンチンコップを送入することが出来るので家族としては納得していますが、果たして本当にそれが本人にとって良いことなのかどうか、そこまでして生かそうとするのは人間の勝手な思い込みなのか?大変、混乱、葛藤をしています。このまま、奇跡を信じて薬とレンチンコップを飲ませ続けて(家族としてはそうしてやりたいです)犬は苦痛に感じていないのか?そもそもチューブは犬にとって負担ではないのか?をぜひ知りたいのです。また、レンチンコップの他にも胃腺癌に効く治療法があるのなら、ぜひお教え頂きたく思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
残念ながら、胃腺癌は現在のところ、外科的な摘出ができないと正直治療法はほとんどない癌になってしまいます。
人であれば胃の全摘などをしてもしても食事管理ができるのでいいですが、ワンちゃんの場合はそれが難しいので、なかなか厳しいかと思います。
それから、レンチンコップはあくまでサプリメントであり、それ以上でもそれ以下でもありません。
サプリメントは効果の保証されたものではなく、(効果がしっかりあるというエビデンスがあれば医薬品になることがほとんどです)どれくらい効果のあるものかはわかりません。
ただし、害はないですし、それが苦痛になることはありませんので、続けていく価値はあるでしょう。
それ以外にDフラクションなどのサプリメントもある程度効果のある可能性があるといわれています。
チューブに関しては、その子の性格によって異なりますが、今現在何か嫌がっている様子がなければ特にそれほど負担ではないでしょう。
神経質な子は気にしますが、そうでない子は大丈夫です。
それからどこまで治療を続けていくのがいいかということは、基準は全くありません。
個人的には、元気で何かしら生きていて楽しみがあるのであれば十分治療を続ける意味はあると思います。
何も喜びがなくなって、苦痛だけ残ってしまうのであれば、正直治療の意味はないかもしれません。
これは獣医師、飼い主さんともにいろいろな意見がありますし、どれがいいかというのは本人の意思がわからない以上、決められないと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございました。おっしゃる通りだと思います。dフラクションもなかなか、良さそうですね。今はレンチンコップを投与しておりますが、今月の23日に退院後の1カ月検診でエコー検査をして頂くので、その時の結果次第でレンチンコップに加えてdフラクションの投与も考えてみたいと思っております。犬の回復と苦痛のないことを最優先に、これからも前向きに寄り添っていこうと思います。ところで、dフラクションとレンチンコップを両方投与しても、問題はないのでしょうか?よろしくお願い申し上げます。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですね。
大丈夫ですよ。
一緒に投与してもらって問題ないと思います。
うまく効いてくれるといいですね。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問