JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1340
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんにちは。現在ヨークシャーテリアの5か月の女の子を飼ってます。避妊を予定してまして、来月以降行うつもりです。かかり

質問者の質問

こんにちは。現在ヨークシャーテリアの5か月の女の子を飼ってます。避妊を予定してまして、来月以降行うつもりです。かかりつけの先生からはインプラント方式を勧められました。しかし、婦人科系の病気が心配で出来れば全摘したいのです。今は1.6キロで小さめで来月以降どのくらい大きくなるかわかりません。やはり麻酔は危険なのでしょうか?
インプラントは楽で良いのですが後々が心配です。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

結論としては、来月以降であれば問題なく子宮卵巣全摘出手術が可能だと思います。
病院毎に考えは違いますので、その分意見も色々あるのですが、もっと小さい体重や月齢の子に対しても問題なく全身麻酔での避妊手術は行えます。
麻酔のリスクは0ではありませんが、その他の健康な子と同様の麻酔リスク程度と考えてもらってよいでしょう。

ご存じの事も多いかもしれませんが、インプラント避妊手術について簡単に説明しておきます。
インプラント方式の避妊方法なのですが、現在の動物病院全体の流れとしてはマイナーで色々と問題点もあります。

良い点としては侵襲が少なく行えるというのと、抜き取ってしまえば再び発情を起こすことができるというくらいでしょう。

問題点としては、効果が永続的ではないことや、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、婦人科系腫瘍の予防にはなり得ないということでしょう。

以上より、勧められた避妊方式はインプラントであったかもしれませんが、通常の手術は可能なのかを相談してみて、受けてくれないようであれば他所を探すとほとんどの場合は手術を行ってもらえるでしょう。

犬 についての関連する質問