JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5443
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

9歳半のポメラニンに検診でALP値3500、TG394、TBil0.6の異常が出てしまいました。てんかんの薬を飲んで

解決済みの質問:

9歳半のポメラニンに検診でALP値3500、TG394、TBil0.6の異常が出てしまいました。てんかんの薬を飲んでいます。今度再検査することになりましたが心配です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
ほかの肝臓の数値 ALT(GPT)、GOT
炎症マーカーのCRP
TP、ALBなどの数値をおしえてくだい
てんかんの薬の種類と飲んでいる量、犬の体重をおしえてください
レントゲン検査や超音波検査などはしましたか>同時に
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

レントゲン検査や超音波検査はまだしていません。次回再検査です。
ALT21、GOT不明、他炎症マーカー?異常はありません。TP8.0、ALB3.0
薬はフェノバール30を1回半錠、1日2回。
体重は5.5kg、ポメラニアンですが骨格からやや大きめです。
1年前に子宮蓄膿症の手術済み(子宮摘出)

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
今回は何か症状が有って、血液検査をしましたか?
特に症状は無かったですか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

症状は得に無く元気です。血液検査はてんかんの薬を飲み始めたので念の為、検査をしましょうということで行いました。ALP値は1年前に子宮蓄膿症になった時と同じ数値です。1年前はTG68、TBil0.3で異常なしです。

気になるのは食糞があるせいか口臭がきつい、てんかんの持病があるので麻酔が出来ず歯石がついたままです。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられるのは抗てんかん薬のフェノバールによる肝臓障害です
この薬は肝臓に非常に負担をかける薬なので、肝臓酵素が上昇することが
よくあります。
検査をしてその可能性が高いのであれば、抗てんかん薬をフェノバールから
ゾニサミドなどに変更すると肝臓酵素が下がる可能性が高いでしょう
またそれ以外にはクッシング症候群というホルモン過剰症や胆嚢に胆泥がたまり
つまりかけていることでも生じます
超音波検査やフェノバールの血中濃度、炎症マーカーCRPなどの測定をして
しっかりと診断して次の方針を立ててもらいましょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問