JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

15才の雄ラブラドールです、咳こみ、病院で気管支炎で石灰化ががあると言われました、気管支の幅は、まだあるようですが、

解決済みの質問:

15才の雄ラブラドールです、咳こみ、病院で気管支炎で石灰化ががあると言われました、気管支の幅は、まだあるようですが、今後どのようにすべきでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
15歳のラブラドールのワンちゃんで咳をするので、レントゲンを撮ったところ気管の石灰化があると言われたということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
血液検査はされましたでしょうか?
今治療としては何をされていますでしょうか?
咳の原因は主治医の先生の診断としては何なのでしょうか?
心臓の方は大丈夫だったでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

血液検査は、しましたが良くわかりません、心臓は、検査しましたが少し逆流は、あるが治療までには、至っていないと言われました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
高齢になりますとワンちゃんの気管に石灰沈着をおこしてレントゲンにて気管が白くみえることはしばしばあることなので、年相応だと思います。
咳につきましては、原因となる可能性は、感染症、気管炎、咽頭炎などが考えられます。心臓性の咳ではないということですね。
治療としましては、抗生剤(感染症の疑いが強い場合)、気管気管支拡張剤、感染症が原因ではない場合は咳止め、になると思います。
最初は抗生剤と気管気管支拡張剤による治療をされてみて、その後症状が緩和してきたら気管気管支拡張剤のみにて維持されるのでよろしいかと思います。
もしかしたら咳は完治しない場合もあると思います。その場合は薬などを使って咳が酷くならないようにコントロールしていくことになると思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

薬を長く続けるのもどうかなとも思ったのですがそれしかないと解りました。ちかいうちに診察に行きます。

犬 についての関連する質問