JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

クッシング症候群と診断されました。 投薬治療を始めて3週間です。 首の下に丸い脱毛を今日見つけました。 薬は、ADRESTAN

解決済みの質問:

クッシング症候群と診断されました。
投薬治療を始めて3週間です。
首の下に丸い脱毛を今日見つけました。
薬は、ADRESTAN 10 mg です。
この薬で大丈夫なのでしょうか?
別の病院にも連れて行った方がいいのか?悩んでいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
クッシング症候群の症状の多飲多尿、多食、脱毛、おなかの出っ張り
ALP高値、ACTH刺激試験で数値が高いなど複数の症状がありましたか?
体重は何キロですか?
クッシングと診断された当初の症状は改善してきましたか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
多飲多尿で病院に連れて行きました。お腹の出っ張りはありま
せん。
脱毛は、首の下を今日発見。
体重は6キロです。
ALT 高値
γGTP 高値
リパーゼ 高値
総コレステロール 高値
中性脂肪 高値
コルチゾールPre 7.4
コルチゾールPos1 34.8
です。
多飲多尿は改善されていると思います。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
改善しているなら問題ないと思います
脱毛に関しては、治療して改善する場合もありますし
クッシングで感染を起こしやすいのでカビの感染などがあるのかも
しれません
薬は間違っていません、少し量が初期量としては少ないですが
高価な薬であることや安全を考えて量が少し少ないのかもしれません
そのあたりは担当医に聞いてください
ただ薬を使い慣れていないとか不安があるなら別の病院でセカンドオピニオンを
受けることも良いと思います
質問者: 返答済み 2 年 前.
先生は、あまりはっきりとは言いませんが、
まだ、初期初期症状だと思われますか?
肝機能の低下もとても心配ですが、
クッシングの薬が効いてくれば肝機能は改善されるのでしょうか?
命に影響はないと言いますが、
やはり長くは生きられない病気ですか?
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
症状としては初期の方だとは思います
薬の量があっていれば肝臓の数値は改善されるはずです
ふつうのワンちゃんよりは少し短くなるかもしれませんが
それなりに生活できることも多いですよ
あとは先生の腕次第といったところもあると思います
質問者: 返答済み 2 年 前.
わかりました。
セカンドオピニオンも考えてみたいと思います。
もう一つ教えて下さい。
通常の生活を続けていますが、
注意する事はありますか?
食事、おやつはどの様にしたらいいですか?
今までは、
ドライフードの
ロイヤルカナンの
低分子プロテインと、減量サポートを混ぜて食べさせていました。
今日、同じロイヤルカナンで肝臓サポートを見つけ少し買って来ました。
今までのに混ぜて食べさせた方がいいですか?
肝臓サポートは食べさせない方がいいですか?
病気と闘っているデレスケを応援して、守ってあげたいんです。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
肝臓の数値が上昇しているのがクッシングのためなら
肝臓サポートを与えなくても改善するので食餌は変更する必要はないですよ
ただ買ってきてしまってもったいないので混ぜて与えても構いません
生活で大事なのは体重をきちんとコントロールして同じ体重でいさせることです
薬を飲んでいちばん注意することはクッシングを抑える薬で具合が悪くなる
ぐったりすることです。
食欲が無くなる、調子が悪い、動かずにぐったりするなどがある場合には
すぐに病院に行くことです
質問者: 返答済み 2 年 前.
もし、体重が減るとしたら?
減らせないためにはどの様にすればいいですか?
今の体重を維持するには?
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
太りすぎでないなら今の食事量 カロリーでそのまますれば維持できるはずです
太りすぎでなく体重が減った場合には食餌量を増やすこと
体重が減るなら、ほかにも何か病気がある、特に腎臓や心臓の病気がある
食餌アレルギー、蛋白漏出性腸炎などの腸の病気があるなどが考えられます
さらに検査などが必要でしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問