JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

8歳のジャックラッセルテリア♀の病気について伺います。 今年の正月から、下痢や嘔吐がありこ刻みに震えるため、受診したところ、低アルブミン血症1.1と低タンパク血症2.4がありまし

解決済みの質問:

8歳のジャックラッセルテリア♀の病気について伺います。
今年の正月から、下痢や嘔吐がありこ刻みに震えるため、受診したところ、低アルブミン血症1.1と低タンパク血症2.4がありました。その時点では肝機能や腎機能は正常範囲内でした。病名は腸の内視鏡をしなければ分からないとのことで、とりあえず薬をいただきました。薬はプレロン5mgと5mgの半分と白い抗生剤半分、吐き気止め、下痢止めが処方され、これでようすをみるようにと10日分渡されました。その後だいぶ調子がよくなり10日後はアルブミン2.6まで回復され総蛋白も5.6まで回復しました。ただ強い薬なので量ほ減らしていきたいとプレロン5mg1錠まで量を減らし10日くらい様子を見ましたが、血液検査の結果再びアルブミンが1.6 総蛋白4.0まで下がってしまいました。薬を元に戻すと、再び回復しました。その後
ステロイドに変わるクスリをと免疫生後を試しましたが、効き目がほとんどありませんでした。
今、ずっとこのクスリを飲み続けていますが、3日くらい前から下痢が続き、お腹の腹でも目立つようになってきました。ドライフードを食べなくなり、ウェットフードを上げましたが今日は全部吐いてしまいました。少し震えも目立ち、すっかり元気がなくなってきました。いろいろネットで見てみましたが、腹の出具合からみてもクッシング症候群ではないかと思えます。今後はどういう風にしたらよろしいでしょうか?
保険にちょうど入って入ろうとしたときに受診してしまい入りそびれてしまいました。我が家には月に何万円も治療費に支払う能力がありません。できるだけのことはしたいのですが、どのような方法がありますか?教えて下さい。よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
食事は今何を食べていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

獣医に勧められたロイヤルカナンの消化器サポートを与えていましたが、1週間位前からほとんど受け付けなくなり、普通の家に備蓄のあったシザーなどを与えてみました。

質問者: 返答済み 2 年 前.

獣医に勧められたロイヤルカナンの消化器サポートを与えていましたが、1週間位前からほとんど受け付けなくなり、普通の家に備蓄のあったシザーなどを与えてみました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
返信ありがとうございます。
まず、病気としては炎症性腸疾患(IBD)あるいは消化器型リンパ腫のどちらかの可能性が高いです。
どちらも、ステロイドに反応することが多いですが消化器型リンパ腫では抗がん剤などを投与しないとコントロールは難しいです。
本来であれば内視鏡などで鑑別してもらったほうがいいです。
ただし、費用をかけれないのであればIBDと仮定して治療してもらうしかないでしょう。
その場合やはりステロイド剤と免疫抑制剤、それから食事療法がメインになります。
食事療法は低脂肪食および低アレルギー食になります。
おそらく状態が悪化してしまったため消化器サポートを受け付けなくなっているものと思います。
再度ステロイドの増量が必要でしょう。
免疫抑制剤は効果が出るまで時間がかかりますので、それまでの間はステロイドの原料が難しいです。
それから、食事に関しては手作りの低アレルゲン、低脂肪食を作ることが可能です。
http://rieko1210.web.fc2.com/momo/20140806.pdfにその論文および低脂肪食の作り方が乗っていますので、参考にしてみてください。
シーザーなどは消化が悪く、下痢がひどくなるばかりか、タンパクが下痢の中に出てしまい余計に低たんぱく血症になってしまうことがあるので、お勧めできません。
お腹がポッコリしているのは、実際に診ていないので何とも言えませんが、クッシング症候群よりも、低タンパクによる腹水ではないかと思います。
腹水はタンパクが上がってこレバ無くなってくるはずです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問