JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

5才になるフレンチブルドッグ(去勢済)ですが、食欲不振になり、本日診察の結果内耳炎による右顔面麻痺と診断されました。

解決済みの質問:

5才になるフレンチブルドッグ(去勢済)ですが、食欲不振になり、本日診察の結果内耳炎による右顔面麻痺と診断されました。夕方から更に元気がなくなり、水も飲まず、先ほどヨーグルトを舐めましたがすぐに泡状で戻してしまいました。うまく飲み込めないようです。こちらで相談しましたら、咀嚼筋炎も考えられるかも知れないとアドバイスを頂きました。またこの子は1年半前に首のヘルニアで元気がなくなったことがあります。
今日は抗生剤の注射を打ち、ビクタスという薬を頂きました。
吠える声はかすれ、吠えることもしなくなってきています。注射で少しは改善することを期待していましたが、逆に悪化しているような感じで、このまま内耳炎を信じていいものか、別の病院に行くべきか迷っています。
2週間位前からドライフードを食べる速度が遅くなりましたが、ローテーションで替えたせいかと思いましたが、先週火曜日に戻しても変わらず、木曜日にはまったく食べなくなってしまいました。木曜日からは大好きなパンも食べません。今日は血液検査とレントゲンを撮りました。血液検査は正常、レントゲンでは胃に空気が溜まっているとのこと。飲み込みが上手くできずに空気が入ってしまっているのだろうとのこと。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
内耳炎の診断はどのようなことからされたのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

顔の右側が麻痺しているとのこと。

右の口角が垂れている。右側からだけ涎が垂れている。顔が傾いている。舌が左から出ている。だそうです。

ただ、この子はもともと顔が少し歪んでいて左右対称ではないですし、舌はいつも左から出ていますので若干納得できないと思いました。よく見ていると瞬きが左目に比べて右目が少ないのは気になっています。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
過去のご質問を見させていただいていますので、少しお待ち下さい。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信遅れました。
まず症状としては私も顔面神経麻痺であると思われます。
咀嚼筋炎の場合は、咀嚼筋の痛みや麻痺から食欲不振やご飯が食べにくいと言うことも起こりえますが、瞬きが起こりにくいと言うことはありません。
目頭(眼の内側)の皮膚を指でつんつんと触ってみて、左と右で瞬き反射(眼瞼反射)の違いがあるかどうかわかりますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

左右とも反応しますが、左は瞼を完全に閉じますが右は少し閉じる程度です。

昼間は同じように閉じていました。痰が絡んだような感じで吐き出すようなこともなかったのですが、夜になって悪化してきました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。。
そうなると徐々に病状が進行していますね。
顔面神経麻痺にもいろいろ原因があり、単なる顔面神経麻痺ではなく、顔面神経及びそれ以外の神経もおかすような病気の可能性が高いです。
内耳炎もその一つですが、それだけであれば、飲み込みにくいと言うことが出てくることは殆ど無く、内耳炎が脳炎などへ進行してしまっている可能性もあります。
また、内耳炎ではなく、脳炎や多発性筋炎や重症筋無力症などの可能性もあります。
正直これらの疾患は通常の身体検査や血液検査、レントゲン検査などでは判断が付かず、MRIなどの高度画像診断が必要になります。
ただし、そう言ったことが出来る病院は予約が必要なケースも多いです。
どちらにお住まいですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

栃木県南部です。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
こちらにMRIの入った施設の一覧があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ban_ban/63660197.html
大学病院などは祝日休みですが、一般開業医などでは受け付けてくれるところもあります。
正直今の治療で悪化しているのであれば出来るだけ早めにセカンドオピニオンを受けられる方が良いでしょう。
今の病院の診断が間違っているというわけではないと思いますが(内耳炎とそれ以外を鑑別するのはCTやMRIを撮らないと難しいです)、しっかり診断を付けてもらわないとどんどん悪化してしまう可能性が高いです。
症状の進行が早い場合は要注意でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問