JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

8歳のトイプードルです。昨日は普通に元気でしたが、深夜に急に大きな悲鳴のような鳴き声で飛び起きました。すぐに体中確認

解決済みの質問:

8歳のトイプードルです。昨日は普通に元気でしたが、深夜に急に大きな悲鳴のような鳴き声で飛び起きました。すぐに体中確認しましたが異常が見つかりません。抱きかかえオシッコを一回させましたが歩き方にも、異常は見られませんでした。いつも5:30位に散歩に出かけオシッコをしますが、今朝はなかなか起きて来なかったので声をかけ抱きかかえようと両脇に手をいれるとまた鳴き叫びます。前足を屈伸させると同じように鳴きますが、数府分後に繰り返すと鳴かなく抱きかかえようとすると同じように鳴き叫びます。転倒や転落、打撲等はありませんでした。手足の肉球が冷たく感じます。ゴールデンウィーク中でかかりつけの病院は休診で違う病院に連れて行った方がよいか、様子を見たほうが良いかアドバイスをお願いいたします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちいは。
8歳のトイプードルちゃんで痛みがあるということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
普段は階段の上り下りやソファへ飛び乗るなどしているのでしょうか?今日はやっていますでしょうか?
昨日は激しい運動をしたでしょうか?
本日の食欲や元気、排便、排尿の状況を教えていただけますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲にてお答えさせていただきます。
ご記入いただきました症状からは、やはり体のどこかに痛みを感じている可能性が高いです。
また両脇に手をいれて抱っこしようとすると鳴くという症状からは、しばしば腰の痛み(椎間板疾患や筋炎など)が可能性としてはあるように思います。
特に普段良く動くのに動かない、段差や階段を嫌がる、ソファに乗らないなどの症状は腰の痛みを抱えているワンちゃんに多い症状です。
そのため、このような病気の場合絶対安静にして患部を刺激しないことが、症状を悪化させないためにも重要なことなので、絶対安静にすることをお勧めいたします。
抱っこしてあげるときも必ずおしりに片方の手をあてて、体重を分散させながら抱えることをお勧めいたします。片手で脇を持って抱っこすること自体が腰への負担となります。
また病院にて先生に身体検査をしっかりしていただき、必要な処置をされることをお勧めいたします。
もし椎間板ヘルニアであった場合には、症状がどんどん進行していって痛みだけでなく麻痺がおきることがあります。
様子を見ないで受診されることが望ましいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。かかりつけの病院が休診ではなかったので、受診しました。頸椎のヘルニアの可能性が高いと診断されました。MRIは痛みで興奮しているので、無理には撮影しない方が良いとの事で、痛み止めの注射を受けました。一応、血液の検査もしてもらいましたが、肝機能(ALT153)が高く、ステロイドの痛み止めは効果があるがあまり使いたくないので、普通の痛み止めを使います。と言われました。昨日は一日中元気がなく寝てばかりいましたが、おしっこもご飯も食べ、今日はゆっくり散歩に行けるようになりました。今日は昨日と比べるとずいぶん元気になりましたが首元に触れると鳴き叫ぶので、今日も注射を受けました。やはり神経症状が出るようであればすぐにきてと言われ今は落ち着いています。悪化させない為、日常生活で注意する事があればアドバイスお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
頸部の椎間板ヘルニアを疑うということですね。
日常生活でするべきこととしましては、とにかく今は絶対安静で動かさないことをお勧めいたします。
散歩なども必要ない場合はされないことをお勧めします。
もし排便や排尿のために必要ということであれば、用事が済んだらすぐに切り上げて自宅でケージレストすることが望ましいです。
頸部のヘルニアの場合さらに症状が悪化しますと首から下が麻痺することになりますので、最低でも2週間の間症状が緩和したとしても安静を第一にすることをお勧めいたします。
運動の開始時期はワンちゃんの状態を主治医の先生と相談しながら決められることをお勧めいたします。
また首に負担のかかるようなことは、頭をなでることも含めまして、極力控えるようにされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変参考になりました

ありがとうございます

犬 についての関連する質問