JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

急に左の前足をついてうまく歩くことができなくなりました。(ビッコをひく)。足を触ってみても痛みや傷ははっきりしません

解決済みの質問:

急に左の前足をついてうまく歩くことができなくなりました。(ビッコをひく)。足を触ってみても痛みや傷ははっきりしません。獣医さんに2日前にみてもらいレントゲンもとってもらいましたが、はっきりした異常はないようでした。消炎剤と抗生剤の注射をしてもらいましたが、今のところあまり変わりありません。ただ、休んだ後は前より左前足をついているようにみえますが、歩き出してしばらくするとビッコをひくようになります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
12歳のワンちゃんで左前肢の跛行ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
いつからそのような症状がでているのでしょうか?
ビッコとのことですが、足を着かない状態なるということでしょうか?
他の足は正常に動いていますでしょうか?
先生に診ていただいて足を触って痛がるところはないということですね?
消炎剤や抗生剤の治療は何日位されていますでしょうか?
ご自宅ではビッコが始まってから安静にできていますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

2日前の朝散歩に行こうとして歩き出したらほぼ急にです。

2日前は左前足をつかないようにしていることが多く、横になっていることが多かったですが、今はついていることもあり、柵につかまって立ち上がることもできますが、歩き出すとビッコをひきます。

他の足は正常と思われます。

先生が足を触っても痛がることはないようでした。

注射は1回しました。抗生剤は1週間効いているとのことでした。

血液検査では炎症反応はないとのことでした。

散歩はさせていませんが、家の横を少し歩かせてウンチをさせているくらいです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
2日前に症状がでて、その日のうちに受診されたということですね。
そして、触診、血液検査、をされた、レントゲンはしていない、ということですね。
注射による治療のみで内服はでていないということですね。
また症状は改善傾向ということですね。
主治医の先生の治療では注射だけで内服はでていませんので、原因は不明ですがそれほど重症ではないと判断されたのではないかと思います。
骨折があれば、触診にてある程度分かりますが、経過が悪ければ、1週間後にはレントゲンを撮ることをお勧めいたします。
痛みの原因となりうるものは、外傷(まだ見つかっていないものがあるかもしれません)、腱の炎症、頸部椎間板疾患など首の痛み、などの可能性があります。
炎症があれば、それが引くのに最低でも1週間は様子を見る必要があります。
食欲や元気その他排便や排尿の状況がいつも通りであれば、まずは極力安静にすることに努めることをお勧めいたします。
症状の急激な悪化がなければ、1週間後に受診されて、必要ならばレントゲン検査をされることや、首の注意深い触診をされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問