JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

今月16歳になる黒ラブの夜鳴き 徘徊 についてご相談致します。 2か月ほど前から 昼夜逆転するようになり ラボナを

解決済みの質問:

今月16歳になる黒ラブの夜鳴き 徘徊 についてご相談致します。
2か月ほど前から 昼夜逆転するようになり ラボナを処方してもらってますが 寝る前に  3錠から始めて いまは 14錠 飲ませています。
でも4時間位しか 寝てくれません。からだはぐでんぐでん状態ですが 夜中じゅう シーシーピーピーとずっと鼻を鳴らしています。
何とかして つずけて寝てくれないかと 薬を飲ませる時間、日光浴、食事など思いつく限り工夫してみましたが おもうようにいきません。
日中も後ろ足が立たなくなってきてますので ゴロっとしているので シーシー鳴くたびに 持ち上げてたたせたり 寝がえりさせたりとしています。。
どうしたら よいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
16歳のワンちゃんで夜鳴きや徘徊が治まらないということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
血液検査など何か検査はされましたでしょうか?その結果異常は無かったでしょうか?
飲ませいてる薬はラボナールだけでしょうか?
昼間は寝ているということでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ラボナ錠50mg です。

それを3錠から始めていまは12錠から14錠飲ませています・

3年前に肝臓がんと診断されましたが高齢ということもあり 食事(朝  鶏むね肉200g 夜 牛赤身肉チャンクテンダー 200g) 、皮下点滴500ccを週3~4回 、ノイビタン1錠を2回

をおこなっています。

血液検査は 高値安定 とおっしゃってました。

昼間は横になったまま 寝たり起きたりです。

めがさめているときは私の姿がみえなくなると 鼻を鳴らして呼びます。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
血液検査では肝酵素の数値が高いということですね。
またそのことで治療も定期的にされているということですね。
ワンちゃんの夜鳴きや徘徊の現象が病気ではなくて、認知症から生じている場合には、それを治すということは難しいです。
今ラボナ1種類の薬でコントロールをしようとして上手にコントロールできないということであれば、他に作用機序が異なる鎮静剤を併用することをお勧めいたします。
恐らく1種類の薬を高容量で使用することで、薬の耐性ができていたりして効きづらくなっているのではないかと思います。
他のお薬としましては、トラマドールというオピオイド系の鎮痛剤(鎮静作用もある)を加える、ラボナを同じバルビツール系のフェノバールに替える、アセプロマジンという薬に切り替える、などの方法があります。
また認知症予防のサプリとしてDHA製剤(例えばペットヘルスのARA+DHAなど)を今からでも試していただくなどの方法があると思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問