JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10才シーズ オスですが、貧血がひどく対応に苦慮いたしておりま。ご教示頂けますでしょうか。 1ヶ月半ほど下痢、嘔吐が続き、食事も食べなくなり、掛り付けの動物病院で血液検査、エコー

解決済みの質問:

10才シーズ オスですが、貧血がひどく対応に苦慮いたしておりま。ご教示頂けますでしょうか。
1ヶ月半ほど下痢、嘔吐が続き、食事も食べなくなり、掛り付けの動物病院で血液検査、エコー検査、CTスキャン検査をしましたが原因が解らず、体力が衰弱する前に試験的開腹を実施し原因究明をした方が良いといわれ、仕方なく了承し、腸の細胞採取にて病理検査をしました。結果、好酸球性腸炎と診断されました。その後、毎日のステロイド注射の投与と、2日に一回の点滴、整腸剤の内服、を2週間続けました。下痢、嘔吐はよくなりましたが、試験的開腹の術後より貧血症状が徐々に悪化し、試験的開腹の前の血液検査でHCT:24.4%が術後2週間でHCT:15.7%になり上唇の内側や舌が白くなってしまい貧血が悪化しています。術後、1週間後に腹水が溜まって腹膜炎を起こして、腸が癒着してかたくなっている様だと告げられ、腹水を採取、病理検査をし、結果、3種類の菌(①Staphylococcus spp②Enterococcus spp③Clostridium perfringens)の感染がありました。抗生剤のMEPM、OFLX、ABPCを毎日注射で投与し菌は減少しました。しかしながら、貧血が悪化し、今では自分の足で立つ事も出来なくなってしまいました。担当医からは、このまま貧血が回復しなければ覚悟が必要と告げられました。その後、動物病院を変え別の獣医さんに相談ています。病院を変えてから、貧血の対応でレバーを与え食事を工夫したり、サプリメントのペットチニックを与えていますが効果がありません。担当医からは、下痢と嘔吐でステロイドの試験的投与をせずどうして試験的開腹手術を承諾してしまったのですか?と聞かれ、飼い犬に申し訳なかったと悔やまれてなりません。
今、貧血を回復させる対応はあるのでしょうか。ご教示頂けますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
貧血の原因は何だといわれましたか?
再生性貧血ですか?非再生性ですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し訳ございません。以前の病院でも担当医からは、再生性貧血か?非再生性か?告げられておらず、病院を変えてからも担当の先生に確認を取っておりません。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
まずはなぜ貧血が起きているのかわからないと治療の使用がありません。
貧血には血を作っていても出血や血が壊されて再生が間に合わない再生性貧血と、赤血球の再生が乏しい非再生性貧血があります。
それぞれにも色々原因がありますが、大きく再生性、非再生性に分けてその原因を鑑別していってもらう必要があります。
そもそも、貧血の対策にレバーなどを与えるのは鉄欠乏性貧血の場合には有効ですが、そうでなければまったく意味がありません。
血液検査で鉄が不足しているのであれば、その治療でいいのですが、まずはしっかり貧血の原因の鑑別をしてもらう必要があります。
今の病院での検査治療方針が不明なのであれば早めに大学病院や二次病院を紹介してもらったほうがいいでしょう。
参考までにこちらのページに貧血の鑑別のアルゴリズムが乗っていますhttp://bremenvetcenter.com/anemia.htm
これがすべてではないですが、こういった検査をして、鑑別してその治療をしてもらわないと意味がありません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問