JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1286
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

今月5歳になるミニチュアダックス♂の血液検査についての質問です。食欲あり、元気にしていますがCRP値が正常値0.7mg/dl以下のところ1.

質問者の質問

今月5歳になるミニチュアダックス♂の血液検査についての質問です。
食欲あり、元気にしていますが
CRP値が正常値0.7mg/dl以下のところ1.4mg/dlという値が出ました。
白血球は10,700と問題ないが、CRPが高いと炎症をこしている可能性があると指摘されました。
ただ他の値に問題はないから、大丈夫だと思うと獣医から言われたものの、どこの炎症なのかもわからず、放置しておくのはとても不安です。
かかりつけ医にはMRIやCTがないため、調べるには他院を受診しなければなりませんが、それでも悪い病気があるのなら、早めに治療してあげたいです。
そこで、CRPが高い場合、どんな検査を受ければよいですか?
また、この段階で精密検査は行った方がよいですか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.

初めまして、ご質問ありがとうございます。

直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

CRPが1.4とやや高値ということですね。

どこの炎症なのかわからず不安であるとのことですが、 2年前から皮膚病があり、痒がっているというものが十分な理由になります。
基本的に皮膚病で上がってくるCRPは4までとされていますので、現在はその範囲内におさまっています。

CRPが高い場合の検査ですが、まずは炎症の場所を特定していく必要があります。
今回は皮膚の可能性が高いとは思うのですが、念のため検査の方針を記しておきます。

血液検査 尿検査 検便は既に済まされているようなので、追加するならまずはレントゲン検査と超音波検査を行うべきでしょう。これらは無麻酔なので負担も少なく安全です。
これでも異常が見られない場合は、関節液を採取したり、特殊な項目の血液検査を行います。
またCTやMRIはどちらも全身麻酔下の検査になりますので、いきなりの検査としてはお勧めしません。

現状ですと、食欲元気もあるとのことなので、あまり負担になるような検査も可愛そうな気もしますので、
まずレントゲン検査と超音波検査で念のため腫瘍などがないことを確認してみて、
異常がなければ、しばらく間をあけてCRPの再検査を行うであったり、皮膚病の治療を
行ってみるなどという方針で進めていってみてはいかがでしょう?
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

エコーとx線の検査を受けようと思います。

度重なる質問で申し訳ありませんが、白血球が正常値でCRPが上昇しているということは、どういう状態なのでしょうか?

炎症の場合、白血球も上昇すると思うのですが。

よろしくお願いいたします。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

全ての場合で白血球とCRPが両方上がる訳ではないです。

急激な炎症があった場合などはまずCRPが上がって、その次に白血球が上昇するという流れになりますが、
慢性的な軽度の炎症ではCRPは軽度に上昇するも、白血球は正常値の域を出ないことが多々あります。

白血球にも色々と種類があり、正常な分布というものが存在しています。
今回も行っているのかは不明ですが、血液をスライドガラスで確認すると、炎症の細胞の
比率が高かったりして、見た目上の数には大きな変化がない可能性もあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

何度も申し訳ありません。皮膚病による炎症だと断定する場合は、どのような検査を行うのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
皮膚からとの断定するのは難しいでしょう。

一度皮膚の治療を行ってみて、改善がみられた時に再検査を行い下がっているかどうかを確認してみてはいかがでしょう?

犬 についての関連する質問