JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

5月に7歳になるチワックスです。13日にあまり動かなくなりエサも少しだけ食べましたが、おしっこ朝晩2回のみ、よく吠え

解決済みの質問:

5月に7歳になるチワックスです。13日にあまり動かなくなりエサも少しだけ食べましたが、おしっこ朝晩2回のみ、よく吠える犬ですが、吠えもせず、時々震えたりするので、病院で検査をしたのですが、異常はなく2,3日様子を見ましょうと言われました。14日も同じような状態で、ほとんど横たわった状態で、口元に持って行くと少し食べたり、飲んだりはしました。おしっこは2回、うんちは1回で普通でした。深夜の2時頃に急に激しく震えだして呼吸も荒くなって20分程続きましたが、今は収まっています。市内に夜間診療の病院がないのでよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
7歳のワンちゃんが震え、食欲低下、吠えない、動かないということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
病院での検査結果を教えていただけますでしょうか?血液検査の場合は項目と数値をおしえてくただけますでしょうか?
レントゲン検査の場合は先生の所見を言われたまま教えてください。
触診にて体の痛みや四肢の麻痺は無かったでしょうか?
激しく震えだしたとのことですが、その時に意識はありましたでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

RBC 7.66 PCV 56 Hb 19.4 MCV 70.7 MCHC 35.7 WBC 6200 PLT 187 TP 7.2 CRP 0.3 GPT/ALT 41 GOT/AST 24 T-Cho 346 GIu 97 BUN 16.6

Cre 0.6

レントゲン検査はしていません。触診のときは、嫌がったりとか痛がったりもせず、先生も特におかしいところはないようだから、様子を見てみましょうとのことでした。熱も平熱でした。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
2時ごろ激しく震えだしたとのことですが、その時は意識があったかどうかは不明ということで
ね。
震え、動きが鈍い、食欲低下、などの非特異的な所見の場合は、体のどこかに痛みを感じている場合や、脳神経症状の場合があります。
例えば痛みの場合には、椎間板ヘルニア(よくあるのは腰や首)、尿路結石、内臓痛などです。
椎間板疾患や尿路結石は神経学的検査やレントゲン、エコー検査を組み合わせて行い、内臓痛の場合は血液検査も必要です。
確かに今回調べられた項目の中で血液検査で異常値はないようですが、椎間板疾患や尿路結石などの病気は血液検査では異常は出ませんので、これらの疾患を除外することはできません。
またもし激しい震えとご記入された症状が痙攣であるならば(必ずしも意識を失うとは限りません)、てんかん様発作と考えて、血液検査では電解質やアンモニア、カルシウムなどの項目も測定する必要があります。
また心臓の雑音や不整脈についても注意深く調べる必要があります。通常は聴診で異常があれば心電図やエコーなど。
それらの異常がない場合には、頭蓋内疾患の可能性があるため、CTやMRI検査のような麻酔をかけてする必要がある検査をされることになります。
例えば、水頭症や脳内の炎症、腫瘍などでは、炎症マーカーのCRPが上昇しないことはよくありますし、発熱もしないです。
今の段階でご相談者様がワンちゃんを治療することはできませんので、今はなるべく刺激しないように薄暗い部屋で、しずかに見守ることをお勧めいたします。
ご記入いただきました症状からは突然呼吸が止まるなどの可能性は低いと思います。
まずは安静を第一として、もし痙攣の症状がみられた場合は動画を撮影されて、受診時に主治医の先生に見せていただくとよろしいかと思います。
痙攣の場合、体をなでなでするなどしてもそれが刺激となってまた痙攣がおきることがありますので、静かに見守ることをお勧めいたします。
朝受診されたらば、まずは聴診、体温測定、神経学的検査(脳神経の検査も含む)、をしていただき、必要ならばてんかんの原因になるような血液検査項目を追加測定、レントゲンや腹部エコー(お腹が痛い可能性もあるため)をされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問