JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

芝犬、オス 五歳、五日前に元気がなく、ご飯も食べずお散歩にも行きたがらず、夜になると震えていました。翌日に病院に行

解決済みの質問:

芝犬、オス 五歳、五日前に元気がなく、ご飯も食べずお散歩にも行きたがらず、夜になると震えていました。翌日に病院に行くと、発熱していて9度5分でした。抗生剤と解熱剤の注射をして帰宅すると、元気になり、食事やお散歩も普段通りになりましたが、次の日には元気もなく、食欲不振、お散歩もトイレのみでした。夜中に震えてたので発熱したのかと思いましたが、薬を貰っていたので飲ませて様子を見ていました。今朝になり元気が出たのかお散歩に行きたがり、外に連れて行くとおしっこの時に足をあげるとふらふらして出来ず、すわってしてました。自宅に帰り自分のベットが起きてくると、よろよろして座り込んでしまいました。後ろ脚が立たない感じです。病院行くと夕方まで預かり検査すると言われ、血液検査、レントゲン検査しても、異常がなく、医師は原因が分からないと言われ、ステロイドの注射をしたそうで、行く時の状態が嘘のさまに元気で立ち上がり嬉しくて飛び付いてきました。今は寝ていますが、震えはありません!しかし原因が分からず不安で仕方ありません!このような場合、どんな病気が考えられるでしょうか?このまま様子見で良いのでしょうか?宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
5歳の柴犬のワンちゃんが、食欲不振、動きが鈍く、散歩にもいかない、ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
受診された際に、主治医の先生は身体検査はしっかりされましたでしょうか?
体を触ってみていただいてどこかを痛がるということはないでしょうか?
排便や排尿は特に異常はみられないでしょうか?(下痢や血尿など)
今後検査(レントゲンや血液検査など)のご予定はないのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが分かる範囲でお答えさせていただきます。
実際に診察しておりませんので確実とは言えませんが、ご記入いただきました症状からは、腰の椎間板ヘルニアの疑いがあります。
ヘルニアの場合重症度の程度によっていろいろな症状がでますが、最初の段階では痛みはある麻痺はない状態なので、動かなくなります。
痛みが酷い場合には食欲が低下することもあります。
ステロイドによって炎症を抑えれば痛みは一時的には引きますが、安静にしていないためすぐに痛みが再発して震え、動かなくなる、という症状がでます。腰がふらつくのも下半身に力が入らないためではないかと思います。
他にも痛みの原因としては内臓疾患や尿路結石などが考えらます。
そのため、再受診されるか、他の病院でもよいですから、神経学的検査や十分な触診をまずはされることをお勧めいたします。
必要であれば、血液検査やレントゲン検査もされるとよろしいかと思います。
椎間板ヘルニアの場合、絶対安静にしていませんといつまでたっても症状が改善しないだけでなく、どんどん症状が進行してきて下半身に麻痺がでることもありますので、要注意です。
またステロイドの注射は、だらだら使用することは副作用の点からもよろしくないですので、しっかり検査をして診断をする方向で治療されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事遅くなりました、申し訳ありません。質問にも書きましたが、血液検査、レントゲン触診、はしてるのですが、どこにも異常がみつかりません!まだ微熱があり、脚の動きも少々おかしいです!便は五日前は下痢でしたが、今はしていません。またおしっこも普段とかわりません。宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

2015年4月13日 19:55 (GMT+9)

お返事遅くなりました、申し訳ありません。質問にも書きましたが、血液検査、レントゲン触診、はしてるのですが、どこにも異常がみつかりません!まだ微熱があり、脚の動きも少々おかしいです!便は五日前は下痢でしたが、今はしていません。またおしっこも普段とかわりません。宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
質問をよく読んでない!
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ
質問の再投稿がありましたので代わりにお答えいたします。
一つだけ聞きたいのですが、血液検査にはCRPといわれる項目は入っていましたか?
ステロイドで調子が良くなる場合、自己免疫疾患が多く、その場合、CRPが顕著に上がってきますので。
質問者: 返答済み 2 年 前.

はい!入っておりました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
それも正常値ですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

はい。正常値でした。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
CRPが本当に正常値だったとなると、自己免疫疾患の可能性は低いです。
発熱や原因不明の震えなどの原因で一番多いのは自己免疫疾患で、特に多発性関節炎やリウマチなどでは、よく見られる症状の一つです。
これらではステロイドでびっくりするくらい元気になることがありますが、CRPが正常値というのは測定エラーでもない限り可能性はかなり低いです。
私は念のためもう一度測っておいてもらったほうがいいかと思います。
それ以外には椎間板ヘルニアや椎間板椎体炎などでも似たような症状が起き、その場合はCRPは上がらないことも多いです。
また、脳炎や脳腫瘍でも症状は似ていて、CRPが上がらないということがあります。
これらの検査には残念ながらCTやMRIを撮らないとわからなく、そのためには全身麻酔が必要です。
ですので、まずは再度CRPを測ってもらい(必ず発熱しているときに測ってください。ステロイドが効いて調子がいいときにはCRPは正常値になります)、それでもやはり正常値であれば、CTやMRIで病気を確定してもらったほうがいいでしょう
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問