JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんばんは。夕方に犬がおとなしいのに気がつき、よく見たら震えて腹痛のポーズをとりはじめました。腹部を触るとキャンとな

質問者の質問

こんばんは。夕方に犬がおとなしいのに気がつき、よく見たら震えて腹痛のポーズをとりはじめました。腹部を触るとキャンとなくのでかなり痛いのかと。今日、動物病院に行ったばかりだったので、主治医の先生に状況を連絡しました。肝臓の数値が少し高いコです。今日少し血行不良があったから点滴をしました。先生によると、下痢嘔吐はないから寒暖差による血行不良だと思うので様子を見て下さいと言われました。病院で血液検査もして、数値も落ち着いてきたので安心していたのですが、フードもオヤツも食べず震えているのを見ていると心配です。先生は明日には治ると言われましたが、やはり安静にするのが一番でしょうか?
⚫︎追記…肝臓サポートのフードの試供品を食べさせた3時間後あたりから具合が悪そうだったので、そのせいかを主治医に聞きましたら、嘔吐していないので違うと言われました。 腹部を触ると嫌がる、暗い所の隅で寝るでもなく固まっている、下痢嘔吐はたしかにしていないし、そぶりもないです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
10歳のチワワちゃんで、お腹が痛いポーズをして部屋の隅の暗いところにいって震えているということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
本日は触診と血液検査のみをされたということでしょうか?
今現在ワンちゃんの意識ははっきりとありますでしょうか?
歯茎や舌の色はピンク色でしょうか?体を触って冷たいということはないでしょうか?
排便排尿のほうは通常通りでていますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございます。
はい、そうです。血液検査と触診、血行不良の点滴です。意識などはハッキリあります。玄関チャイムがなると吠えたりしています。歯茎などは異常はないです。体温もあります。腹痛をおこしてからは、糞尿はしていません。おこす前はいたって普通でした。
今は自分のハウスに戻って寝はじめましたが、やはり食欲は無いようです。
そういえば、秋口の寒暖差があり長めの留守番をしてもらった日も同じ感じになりました。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
今現在意識がはっきりしており、吠える元気があるということであれば、緊急性は低いと思います。
ワンちゃんの症状の原因が腹痛からきているかどうかはまだ不明ですが、体のどこかに痛みを感じている可能性は高いと思います。
痛みの原因の可能性としてよくあるのは、椎間板ヘルニア、尿路結石、内臓痛(膵炎など)などが考えられます。
腰の痛みはある程度触診にて調べることができますし、結石関係はレントゲンやエコー検査に調べることができます。
内臓痛につきましては、腹部エコー検査にて臓器の断層像を調べたり、犬特異的リパーゼという血液検査の項目を外注検査にて測定して膵炎の有無など調べることになります。
異物を食べる癖のあるワンちゃんの場合にはバリウム造影するなどして調べる必要があります。
これらの検査は明日以降ワンちゃんの様子を観ながら順番に必要性の高いものからされることをお勧めいたします。
一口におなかの痛みと言いましてもお腹の中には胃、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、小腸、大腸、膀胱、などいろいろ臓器がありますので、必ずしも消化管だけが具合が悪いとは限りませんので、調子が上がらない場合には、しっかりした検査をお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
丁寧なお返事で大変感謝しております。
緊急ではないという事で安心しました。
椎間板ヘルニアも持病でして、一応触ってみたりもしましたがそちらは痛みは無いようで歩行も正常です。
持病だらけで、胆泥症もありましてエコーも定期的に受けています。
やっと色々な数値も安定し始めダイエットも成功しつつありまして、安心して帰宅した矢先にでしたので焦りました。
やはり寒暖差が激しい時期は要注意なのでしょうか。
明日まで様子を見ていこうと思います。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ヘルニアの持病もあるということですね。
また胆泥貯留もあるということですね。
いろいろ持病があるということなので、まだ原因がどこなのか分からないですが、気温の差もたしかに体調の変調をきたす要因にはなると思います。
たしかに春や秋などには犬で下痢や嘔吐の患者様が増えます。
まずは朝まで安静にされることをお勧めいたします。
大事に至らず無事に回復されることをお祈りしております。

犬 についての関連する質問