JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして・・・秋田犬(3歳11ヶ月)の皮膚で悩んでいます。 我が家は、秋田犬の他に柴犬(10歳・8歳)がいます

解決済みの質問:

はじめまして・・・秋田犬(3歳11ヶ月)の皮膚で悩んでいます。
我が家は、秋田犬の他に柴犬(10歳・8歳)がいます。昨年9月初旬にかかりつけの動物病院に二泊三日であずけました。秋田犬は初めてのお泊りでした。一日目に声が嗄れたくらいつらい経験だったようです。帰宅後も足に傷を作ったりしていたのでゲージから出ようとしたりしていたかも知れません。
その後、残暑も厳しい頃でしたし体毛が抜けても不思議に思いませんでした。今から思えば、顔が赤くなっているように思ったことがあり異変の兆候だったのでしょう。10月下旬には湿疹があったように記憶しています、その頃ヒート中で動物病院に電話で相談した時にヒート中はホルモンのバランスが崩れるので終わった頃にとの話でした。その間も体毛は抜け続けました。(いなばの白ウサギのう・・・)12月に入ってから病院に出向き「膿皮症」と診断され飲み薬を二週間一日2回服用しました。その後、改善したように感じましたが年末から、またひどくなったように感じて年明けからずっと薬を服用しています。最初から3月15日までオレンジ色の抗生物質とかゆみどめ、3月16日からは一日に1回の服用に変わり、Baytrilという抗生物質とかゆみどめです。お薬が変わって数日は好転したように感じたのですが体には斑点があり、手足にも体液?でところどころ毛が束になっっています。顔や耳の後ろ首、ところどころにかさぶたのように固まりがあります。現在は脱毛は落ち着きピンクの肌が透けるほどではないです。
お薬が無くなるので、病院に行かなければなりませんが投薬が続いているので心配です。このままの治療方法で良いものかと悩んでいます。元気で食欲あります。
アドバイスいただけたらと思います、宜しくお願い申し上げます!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
ホテルでいつもと違う食餌やおやつを与えましたか?
以前から皮膚を痒がることはありましたか?
皮膚が少し赤いなどは以前からありましたか?
夏場が一番皮膚病が酷かったですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

宜しくお願い致します。

ホテルでいつもと違う食餌やおやつを与えましたか?

違いました。いつもはドックフーと白米に野菜・肉など混ぜていますが、ドックフードに市販のトッピングのものでした。

ドックフードのみ食べたそうです。

以前から皮膚を痒がることはありましたか?

ありませんでした。

皮膚が少し赤いなどは以前からありましたか?

全くありませんでした。

夏場が一番皮膚病が酷かったですか?

一番ひどかったのは、年末から1月にかけてでした。

今までは、夏の終わりに体毛一部が抜けるようなことがありました。

酷暑だとなると言われ、お薬で治りました。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられる病気としては
①アレルギー 特に食餌アレルギーがうたがわれます
そこにホテルなどのストレスが加わって酷くなったのでしょう。
アレルギーは治りませんがアレルゲンを調べてなるべくアレルギー源を避けることで
皮膚病が酷くなるのを防ぐことができます。
IgE抗体検査を行い、アレルゲンとなる食餌をさけることです。
また食餌アレルギーが疑われる場合にはまず行うのは
ロイヤルカナン社のアミノペプチドフォーミュラという食餌と水だけを
2週間与えて、皮膚病が悪化しないなら食餌アレルギーが強く疑われます
反応が半分くらいなら食餌アレルギーとアトピーが疑われます
アトピーは通常は夏場に酷くなります。
全く反応しないならアトピーでしょう。
またアレルギーがある場合には多くは外耳炎も併発しています。
治療はIgE抗体検査で反応している食餌を避けること
抗生剤やステロイド、抗ヒスタミン剤を定期的に使用すること
※症状が軽くなると、薬は普通は毎日飲まなくても良い事も多いですよ
②免疫介在性の皮膚炎 てんぽうそうなどの免疫異常が原因です
免疫異常なので抗核抗体検査【血液検査】や皮膚の切除生険が必要です
治療は免疫抑制剤やステロイドなどになります。
などが対応法としては考えられます。
あまり方針が出てこないなら、きっちりと方針を出してくれる病院を探す
大学などでセカンドオピニオンを受けるなどが対応策です
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問