JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

先ほど犬のトイレシーツを替えたら、おっしこの中央に茶色いシミがありました。ネットで調べるとそれは血液で、膀胱炎の可能

質問者の質問

先ほど犬のトイレシーツを替えたら、おっしこの中央に茶色いシミがありました。ネットで調べるとそれは血液で、膀胱炎の可能性があるとありましたが、そうなのでしょうか?
今朝のシーツは夫が替えたので、今それがどんな状況か確認しているところですが、私は今はじめてみました。
12歳、メス、パピヨンです。
どのような対応をするのがベストでしょうか?教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
シーツに茶色のシミがあったということですね。
少々おたずねしたいのですが、
頻尿の症状はありますでしょうか?
避妊手術はされていますでしょうか?発情中ではないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

頻尿、とはどの程度の症状を指しますか?

基本的に6時間くらいの留守番中には、たまに一度、シーツの上でおしっこをしています。

でもしていない時もあります。

普段は、だいたい留守番の後のご褒美のおやつ後に一度、その後散歩に連れて行ったタイミングでまたおしっこをして、その後家の中で翌日の散歩までに1〜2回おしっこをします。

今日も留守番後のおやつの後に一度おしっこをしました。茶色いシミに気付いたので、まだ散歩には行っていません。今日は普段と変わらない回数ですが、昨日は普段より家の中でのおしっこの回数が少なかったかもしれません。

避妊手術は1歳のときにしました。

11年前になると思います。

発情中、とはどのような兆候があるのでしょうか?

普段と変わらない普通の様子ですが、雨が降りそうなときや、台風が来そうな湿度のある、曇りで湿った日は落ち着きがいつもなくなって、今日もそうでした。(アメリカ在住で、今朝そういう状態で、静電気を防ぐコートを1日着せていました。今こちらは夜の8時過ぎです。)

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
約12時間の時差ということですね。
頻尿とは、決まった時間はないのですが、普段に比べて明らかに何度もトイレで排尿の姿勢をすることを頻尿の症状といいます。
1日に2-3回しかおしっこをしない場合に、それが5-6回に増えた場合でも頻尿と言えると思います。
発情につきましては、避妊手術をされているのであれば、発情はしませんので、人でいう生理のようなものですが、それによる出血はないということになります。
普段はシーツでおしっこをしてもそのような茶色のシミはないにもかかわらず、今日に限ってシミが出来たという場合は、尿中に血が混じっている可能性はあると思います。
特に膀胱炎では、おしっこの最後の方に茶色あるいは赤色の尿がでる場合があり、それがシミになる場合があります。
血液などは膀胱の中でも下の方に沈殿するため、出てくるのが最後の方になるため、排尿の最後の方に出てくる尿が赤あるいは茶色(古い血液は酸化されて茶色になります)の尿が垂れる感じになります。
原因は感染性(主に細菌感染など)、膀胱結石、膀胱内腫瘍(高齢なので膀胱粘膜の腫瘍でもこのようなことがおきます。)などが主なところです。
やはり今回の場合は、病院を受診されて、撮影されたシーツの写真を先生に確認していただき、必要であれば、尿検査と腹部エコー検査をされることをお勧めいたします。
腹部エコーにて膀胱内や粘膜の状態、腎臓などの泌尿器関係を調べることをお勧めいたします。結石がないかどうか、粘膜の肥厚がないかどうか、などを調べることで、原因が分かります。
尿検査では細菌感染がないかどうかを調べることをお勧めいたします。通常沈査を顕微鏡でみることで細菌などの感染の有無がわかることが多いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答をありがとうございます。

1月に肛門線が破裂して、病院に行きました。それは無関係と考えて大丈夫ですか?

年をとっていくと、1月の肛門線破裂や今回のように突然、何の前触れもなく病気になるのでしょうか?

食欲も元気も普通にあるので、戸惑っています。

ひとつだけ、ここ数日で変わったことは、食事に煮込んだセロリを与えたことだけです。

あと先週末私が不在で、夫が彼女の世話をして、普段より荒れていたらしいので、ストレスがかかったかなということです。

どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
肛門腺につきましては、おしりを確認していただいて、今腫れたり破裂していないのであれば、今回のこととは関係ないと思います。
ワンちゃんの場合普段と同じようしていても病気が知らない間に進行している可能性があるため、注意が必要です。とくに膀胱炎などは突然気が付くことが多いと思います。
セロリを煮込んだものであれば、血尿とは関係ないと思います。
ストレス性の膀胱炎もないわけではないです。その場合は検査してみて、無菌性で血尿だけという状態になります。
今は元気食欲はあるということですね。もし病院にすぐ受診するのは躊躇するということであれば、今の状態ですともう2-3日様子をみられる時間的な猶予はあると思いますので、何回かトイレのたびに尿の状態を注意深く観察されてみられることをお勧めいたします。
茶色のシミがまたでるようであれば、すぐに受診されることをお勧めいたします。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

すみません。再度ご質問させてください。

茶色のシミのあったおしっこから、もう一度おしっこをしました。

今回はいつものおしっこで、茶色のシミはありませんでした。

膀胱炎の場合、このように、血液が出てシミになったり、血液が出ず、シミが出なかったりという場合もありますか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

今度のおしっこはシミは無かったということですね。

軽い膀胱炎であれば、シミが出たりでなかったりする可能性はあると思います。

特に朝一の濃い尿の場合はシミが出やすいと思います。

それ以降のおしっこの場合は尿が比較的希釈されるため、シミが出ない場合もあると思います。

もしご心配であれば、シーツの上にビニルを少し敷いておいてそこにしたおしっこをきれいなスポイトに吸って、その尿だけを病院にもっていかれて、潜血反応があるかどうかを調べていただくのがよろしいかと思います。

そうすれば、犬の負担はないですし、潜血陽性であれば、犬をつれて受診されることになりますし、潜血-であれば、膀胱炎の心配はなくなります。

質問者: 返答済み 2 年 前.

アメリカ在住です。

昨夜から犬のおしっこの茶色いシミのことでご相談しています。

1月に肛門線破裂で病院で処置を受けました。

昨夜、7時頃留守番後のご褒美におやつをあげた後の家の中でトイレシーツにしたおしっこの後に茶色いシミがありました。

こちらでご相談して、それは膀胱炎ではないかとのことでした。

その後、犬のお尻の毛に、血がついているのをみつけて、それをハサミでカットしました。

トイレシーツについていた血液は、膀胱炎によるものなのでしょうか?

肛門付近を見てみましたが、特に傷らしいものはないです。

2回目のおしっこにシミはなく、今朝の散歩時のおしっこも(地面にしているのではっきりとはわかりませんが)普段と同じようでした。

食欲、便通は通常通りです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ワンちゃんのおしりの毛に血が着いているのを見つけたということですね。
またワンちゃんに目立った外傷はないということですね。
ただ頻尿などの症状はなく、食欲元気はいつも通りにあるということですね。
つまり、今問題なのは、シーツのシミはどこから来たのか、おしりの血はどこから来たのか、でも食欲元気はあり、膀胱炎があるようには見えない、という相矛盾する結果がでており、混乱されているということですね。
これにつきましては、現段階で膀胱炎による血かどうか残念ながら断定することはできませんので、膀胱炎の疑いはあるとしか言えません。
そのため、血の出どころを探るために、ワンちゃんの尿を採取して、病院にて尿検査をされてみられることをお勧めいたします。
先ほども記入いたしました通りシーツの一部にビニルを敷いて起きそのビニルの上の尿をきれいなスポイトに吸うか病院であらかじめいただいたシリンジに吸うなどして、それを病院でペーパーテストにて潜血反応があるかどうかを調べる方法、
または散歩のときにワンちゃんがおしっこをしたときに、きれいなコップ(紙コップなどでもよいです)を差し入れて尿をすこし採取し、それを病院に持って行かれて潜血反応の有無を調べることをされることをお勧めいたします。
ワンちゃんのシーツや毛についた血が膀胱炎によるものかどうかを決めるのは私ではありませんので、あくまで可能性があるものに対して、真実を追求していく(尿検査による潜血反応を調べること)をされることをお勧めいたします。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問