JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

四歳ラブラドールメス、昨年二月に子宮蓄膿症で避妊手術済です。3/20に突然下痢。嘔吐なし。マイトマックス、アモキクリ

解決済みの質問:

四歳ラブラドールメス、昨年二月に子宮蓄膿症で避妊手術済です。3/20に突然下痢。嘔吐なし。マイトマックス、アモキクリア、BWを救急病院で処方されました。体温は38.8、便の中に悪玉菌はいないが、善玉菌の丸と長細いののうち丸いのだけしかいないとのこと。脱水症状なく、元気なので様子をみようということに。便の状態が改善されないので3/27にかかりつけ病院でほかの抗生物質トビオイムバスター処方されるも、やややわらかめの便が続く。3/31にクイック検査の結果、AMPCとERFXがマイナス反応ということでCEX(ラリキシン)に変更。昨日朝排便なし、夜は普通の便が少ないがでたが、今朝は少し柔らかく、夜は泥水のような下痢に。3/20の突然の下痢と同じ状態に。3/27の血液検査の結果、カリウムの数値が少し気になるとのこと。症状の改善がなければ、再度検査をしようとのことでした。原因がわからず不安です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
4歳ラブラドールちゃんで下痢がなかなか治らないということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
下痢が20日からとのことですが、なにか下痢の原因について心当たりはありませんでしょうか?
20日以降食事は具体的にどんなものを与えていますでしょうか?最近食事を変更したとか、開封して1か月以上経っているなどということはないでしょうか?
ラリキシンを飲ませ始めたのはいつからでしょうか?4月1日の朝?夕?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

拾い食いで思いあたることがなく、3/18・19とお誕生日だからと人間用のケーキを購入し、何グラムかを数回食べました。3/20の下痢の時は、人間でも牛乳やヨーグルトなどで急な下痢をしたりするのと同じなのかなくらいにしか考えていませんでした。普段より極力人間のものは食べさせないようにしていたのですが。ラリキシンは3/31の夜から2回25mg/日飲んでいます

よろしくお願いいたします

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
一般的には下痢をしていてもワンちゃんの全身状態が元気であれば、それほど問題になることはないです。しかし今回のばあいやや経過が長いので、しっかり治療をする必要があると思います。
普通下痢の治療でラリキシンを使用することはありません。もしかしたら下痢の原因はラリキシンが原因かもしれません。
クイック検査で効かない抗生剤も実際には効果があることがしばしばあります。
まずは食事を消化のよい食事:ロイヤルカナンの消化器サポートかヒルズのi/dにされることをお勧めいたします。
マイトマックスという整腸剤は続けていただくことをお勧めいたします。けっして悪さはしないです。
ラリキシンは中止してビオイムバスター(これは抗生剤ではなくて収斂剤です。)に戻して便が固まるのを待つことをお勧めいたします。
下痢の治療は、食事療法に整腸剤、抗生剤は+-、ビオイムバスターは悪くはないでしょう。
下痢の治癒過程で便が固まるため、一時的に便が出ない状態になります。別に便秘ではないです。
この場合一旦治りかかった下痢がラリキシンでまた下痢したと考えるのが一般的ではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

かかりつけの医師は、軟便には整腸剤、膀胱炎と思われる頻尿に対して抗生剤をと話していたことを思いだしました。抗生剤が合わないということですので、消化のよい餌を与え、膀胱炎については要相談ということですか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがごうございます。
膀胱炎については、抗生剤を変更するなどして対応されることをお勧めいたします。
明日にでも主治医の先生にまた酷い下痢になったことをお伝えいただき、他の種類に変更されるかどうかすることをお勧めします。
下痢について食事療法も組み合わせて治療することがよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問