JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

ペットの11歳半のフレンチブルドッグが胃に何かできているそうです。エコーとX-Pとバリウムで検査しました。毎日吐いて

質問者の質問

ペットの11歳半のフレンチブルドッグが胃に何かできているそうです。エコーとX-Pとバリウムで検査しました。毎日吐いてもう3.5㎏やせ、何も食べようとはしません。生検はしていないので胃の何かはわかりません。最近2回痙攣発作を起こしました。発作後はボーといていますが、しばらくするとややおぼつかない足取りで歩き始め、ふつうになります。麻痺はありません。この先、どうなるのか心配です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
11歳のF.ブルのワンちゃんが、毎日吐いており、また最近2回痙攣発作をおこしたということですね。
少々おたずねしたいのですが、
嘔吐の症状と、痙攣の症状の2つの症状があるとのことですが、これらの症状はほぼ同時に発症したのでしょうか?
ご相談者様はより詳しい検査などをお望みなのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

おう吐は3か月くらい前からです。激やせとなりました。その後検査をしました。獣医さんはもうあまり長くはないでしょうということです。嘔吐は最近は食べると吐く、という状況です。痙攣はごく最近で、今日が2回目です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

これ以上、詳しい検査は希望しません。

質問者: 返答済み 2 年 前.

これ以上、詳しい検査は希望しません。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
3か月位まえから嘔吐の症状がでており、激やせしてきているということですね。
胃の細胞診検査や生検をされていないので、診断はついていないということですが、お話の状況からしますとたしかに病状はかなり悪いようですね。
痩せてきているため体力的にも限界に近づいているので、その結果神経症状がでているのかもしれません。
現在の状況で、これ以上の検査をお望みにならない場合には、基本的にはホスピス看護ということになります。
ワンちゃんがなるべく苦しまずに済むように、吐き気止めの使用や痛み止め(腫瘍の場合癌性の疼痛があるため)をしようすることや、痙攣が頻繁におきるようであれば、抗てんかん薬の内服あるいは座薬(ジアゼパムの座薬でダイアップというものがあり、痙攣がおきたときに肛門から入れて症状を抑えます。)などの対症療法をされることをお勧めいたします。
3か月間もご相談者様とワンちゃんは闘病されてきて、大変辛い思いをされてきていると思いますので、皮下点滴による水分補給などはされてもよろしいかと思いますが、必要以上の延命は無理にされなくてもよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございました。

私も、ホスピス看護のつもりで見てます。

獣医さんも、苦しそうだったらいつでもできますよ、と言われました。

どこまでこの状態が続くのか、それが不安です。まだアイコンタクトはしっかりしています。どんな状態になったら決心するときなのかがわかりません。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご相談者様のお気持ちは非常によく分かります。
我々は動物から沢山の喜びや幸せをもらうのですから、動物の健康や生活に責任を持つ必要があります。
いろいろなお別れの形があると思いますし、考え方はその人その人で違うものですが、恐らく今後も看護をされていかれる中で、ワンちゃんの苦しみが限界を超えたと思うことが出てくるのではないか、と思います。
またたとえ安楽死を選択しなくても静かに息を引き取ることもあると思います。
お別れが突然にやってくることもあると思います。
恐らくは食事や水分がまったく摂れなくなったら、1週間以内にお亡くなりになる可能性が高いです。
頑張って看護をしてあげてとはいえませんが、ワンちゃんが生き切るのをそばでしずかに見守ってあげるということもできるのではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

行きつけの獣医さんに先ほど行ってきました。

入院をと言われましたが、家にいたほうがわんこのためにと思い、連れ帰りました。

その後、午前1時にまた痙攣がありました。

以前、脳障害による痙攣と、低血糖による振顫とは違うと聞きました。

帰ってから砂糖水をあげています。これで多少良いといいのですが。

覚悟はしています。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅くなりまして申し訳ございません。
午前1時ごろに痙攣があったということですね。
砂糖水を飲ませてあげて痙攣は落ち着きましたでしょうか。
人とは違って犬の場合砂糖水は口に含ませるだけでは効果があまりなく、胃で吸収されますので、少しずつでも舐めさせて飲ませてあげることをお勧めいたします。
また今後も同じような痙攣が続いて起きた場合には、主治医の先生にお願いして抗てんかん薬の座薬(ダイアップ座薬)を処方していただくとよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧なご回答をありがとうございました。

あの後、朝の4時にも痙攣がありました。

先生のご助言にそって、今まで楽しまてくれ、和ませてくれたわんこを看取っていきたいと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご相談者様もどうかお体を大切にしてワンちゃんの看護されますように。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。

犬 についての関連する質問