JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

トイプードルを飼っています。生後10かげつなのですが1ヶ月前に後ろ右足をあげているので病院にいくと何でもないと言われ

質問者の質問

トイプードルを飼っています。生後10かげつなのですが1ヶ月前に後ろ右足をあげているので病院にいくと何でもないと言われました、一ヶ月経っても足をあげているので同じ病院にいってレントゲンをとってもらったら大腿骨頭剥離骨折だったね!といわれ治らないと言われました。足をあげて歩く事を何とか治せないでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
10か月のワンちゃんが大腿骨頭の骨折ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
診断がついたのはいつのことでしょうか?
結局のところ、今はどのような治療をされているのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。
恐らく飼い主様のワンちゃんの病気はレッグペルテス病という先天的な病気の可能性が高いです。
この病気は大腿骨の骨とう部分の血管の発達が良くないために、骨とうが壊死してしまうことで、骨とう部分の骨折がおきる病気です。
基本的には大腿骨の骨頭を切除する手術が適用になります。
リハビリが必要ですが、普通に歩くことができるようになります。
今の病院では難しいかもしれないので、はやめに整形の得意な病院を受診されて、処置してもらうことをお勧めします。大学病院などの二次診療施設を先生に紹介していただくというのも方法の1つです。
またこの病気の場合、反対の足も同じことが起きる可能性があるため、今後注意が必要です。

犬 についての関連する質問