JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

腸閉塞の術後、3.8あったアルブミンの値が1.2まで落ち込みました。輸血をしましたがTPとアルブミンが回復しません。今後の予後が厳しいと言われました。貧血も脱水もありませんが、回復

解決済みの質問:

腸閉塞の術後、3.8あったアルブミンの値が1.2まで落ち込みました。輸血をしましたがTPとアルブミンが回復しません。今後の予後が厳しいと言われました。貧血も脱水もありませんが、回復してくれますでしょうか?元気も比較的あり、食欲は旺盛です。5歳オスです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
術後、アルブミンがそこまでさがるのであれば、どこからかじわじわ出血している可能性もありますが、エコーなどで調べられましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
エコーは毎日していただいてますが穿孔等の異常は見られないそうです。
下痢ですが、便が少し出たので、腸管からの出血や溜まってる腹水も細菌性のものではなく、アルブミン低下の為に滲出液が吸収されていないのだほうとの所見でした。腹水の中にもタンパク成分があるため自然に吸収して欲しいため敢えて抜かないそうです。
胃を三ヶ所、腸を5箇所切って異物を取り除いた為、回復が遅いのか、
アルブミンがこれ以上低下すると生命維持に必要な量が足りず死に至る、と先生は仰ってました。現在術後5日目です。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
術前のTPやアルブミンはどのくらいでしたか?
また、高栄養輸液などはしてもらっていませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
こんにちは、よろしくお願いします。
術前の数値はTP4.7でアルブミンは2.7でした。
高栄養輸液使用などの説明はなく、されていないと思います。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信遅れて申し訳ありません。
そうなると、もともと腸閉そくで低たんぱく血症だったところへ手術の侵襲と術後の栄養不良で低たんぱく血症を起こしてしまっているものと思います。
出血などなくても術前にその数値であればさらに下がってそれくらいの数値になることはあります。
その場合、栄養分を口から入れて吸収できればいいのですが、腸の手術後ということもあり、あまりしっかりと腸から栄養が取れない可能性が高くその場合、アミノ酸や脂肪乳剤などを使った高カロリー輸液を行うことで、低たんぱくの進行を防いだり多少タンパク、アルブミンを増加させることができます。
今のままでは腸の状態が改善する前に低栄養から命の危険が出てきてしまいます。
明日にでも高カロリー輸液を相談してもらい、できないといわれたらできる病院を紹介してもらったほうがいいでしょう
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問