JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

もう一つ質問があります。 ここ最近、1年、2年前頃から、犬がリードを付ける時や防寒用の服を着せるときにたまに噛むこ

解決済みの質問:

もう一つ質問があります。
ここ最近、1年、2年前頃から、犬がリードを付ける時や防寒用の服を着せるときにたまに噛むことがあって、それを警戒していると、さらに犬が噛むようになってきました。
私たちの不安が犬に伝わってしまって、犬がさらに攻撃的になるんだと思っていますが、犬の年齢的な問題などあるのでしょうか?
こういう状況で、飼い主はどのようなことに気をつけて、リードをつけたりするべきなのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet : サイドのご質問ありがとうございます
japavet : おそらくなんらかのトラウマのようなものかと思います。
japavet : 何かされると思うと怖くて攻撃的になってしまうものと思われます。
Customer:

そうなんですね。

Customer:

どうすれば、攻撃的になるのを緩和できますか?

Customer:

小さい頃から、自分が寄ってきて抱っこされるのは構わないけど、こちらが呼んでこちらの意思で抱っこさせたりはあまりさせてくれない子でした。

Customer:

そういえば、最近はくつろいでいる時などに、夫が触れたりするだけでも攻撃的な表情になったり、攻撃的になります。うなったりします。

japavet :

そうですね。

japavet :

そのお年で今からとなるとかなり難しいと思ってもらったほうがいいでしょう。

japavet :

そのうえで、まずはおっしゃる通り、飼い主さんが警戒しているのはワンちゃんには伝わります。

Customer:

そうですよね。

japavet :

難しいですが、「何かしようという」という雰囲気を出さないことが大切です

Customer:

なるほど。よくわかりました。自然体で接するということでしょうか?

japavet :

それからやはり顔周りは警戒することが多いので、ゆっくりした動作でやさしく声をかけながら腰のあたりを触ってもらうほうがいいでしょう。

japavet :

そうですね。

japavet :

できる限り、何事もないように接してもらうほうがいいでしょう

Customer:

わかりました。そういえば、アメリカに来る今から2年前くらいに、目をよく怪我をしたので、目薬をいれたり、カラーをつけたりしていました。その頃からかもしれません。

japavet :

その可能性は高いですね。

japavet :

警戒心を今の年からなくすのは難しいですが

Customer:

はい。今のお話から、その時の体験が嫌だったように思いました。はい

japavet :

極力「触られる=嫌なことをされる」ということがないようにしてもらうことが大切です

Customer:

良いイメージを今から作ってあげることは可能ですか?

japavet :

不可能ではありませんという言い方になってはしまいます。。。

japavet :

とにかく、触られることが嫌なことではないことを時間をかけて覚えてもらうしかないでしょう

Customer:

わかりました。よく理解できて、もどかしかったことがクリアになりました。ありがとうございました。別件でもご質問させていただいています。よろしくお願い致します。

japavet :

はい、また何かあればご質問ください。

japavet :

お大事にどうぞ

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問