JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

心臓弁膜症(グレード4)のマルチーズ13歳の事でご相談します。 去年の3月からずっと薬を飲み続けていましたが、咳が

解決済みの質問:

心臓弁膜症(グレード4)のマルチーズ13歳の事でご相談します。
去年の3月からずっと薬を飲み続けていましたが、咳がひどくなったため、薬の変更、また増加していただいた所、咳はとまったものの、食欲が全くなくなってしまいました。
そこで血液検査をした所、腎臓の数値がかなり悪かったため、腎臓を改善するための点滴をスタートさせました。
点滴を受け初めて6日たった現在、数値は、咳は出るものの食欲があった頃に戻りつつありますが、相変わらず食欲はほとんどありません。犬も嫌がりますし、出来れば家でずっと一緒にすごしてあげたいという希望もあるので、現在の処置をいつまで続けるか、また続けるべきなのか、迷っております。
飲んできた薬名等は以下です。
ニトロール&デオドールを飲んでいたが、咳が出るようになり、
バソトップ&ビソルボン&ラシックスに変更するが、まだ咳が出る
ネオフィリン&ルプラック&アピナックに変更したところ(咳止めの注射も処置されましたが名前は聞いておりません)、咳は止まるが、食欲が全くなくなってしまう
ソルデム&ハンプ&吐き気止めの点滴開始(飲み薬は一時中止)
長くなって申し訳ありません。
セカンドオピニオンをお願いした医師には、
「腎臓の数値は心臓の悪化による所が大きいと思うので、自分なら、ベドメディン&ジコシン等のさらに強い薬で、心臓のケアを第一にする」と言われ、ますます今の処置を続けるかどうかに迷いが出まして、こちらで相談しようと思いました。
咳は出るものの食欲があった頃の腎臓の数値
BUN:107  Cre:1.9
一時は倍近く悪化したものの、現在の数値
BUN:127  Cre:4.0
長くなって申し訳ありません、回答お待ちしております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
13歳のマルチーズのワンちゃんが心臓が悪いので治療中なのですが腎臓が悪くなってしまって治療方針をどうするかで悩んでいるということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今は飲み薬は何を飲んでいるのでしょうか?
今の処置を続けるかどうかについて意見を求めておられるということでしょうか?
今の治療を続けないとすれば、そのB氏の治療をするということでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

最初の質問文に、新たに情報を少し加えました。

重複している点も多いと思いますが、よろしくお願いいたします。

心臓弁膜症(グレード4)のマルチーズ13歳の事でご相談します。
去年の3月からずっと薬を飲み続けていましたが、咳がひどくなったため、薬の変更、また増加していただいた所、咳はとまったものの、食欲が全くなくなってしまいました。
そこで血液検査をした所、薬を増量する以前と比べ、腎臓の数値がかなり悪くなっていたため、腎臓を改善するための点滴(一日6時間)をスタートさせました。
点滴を受け初めて6日たった現在、数値は、咳は出るものの食欲があった頃に戻りつつありますが、相変わらず食欲はほとんどありません。
犬も病院へ行くのを嫌がりますし、出来るだけ家でずっと一緒にすごしてあげたいという希望もあるので、現在の処置をいつまで続けるか、また続けるべきなのか、迷っております。

飲んできた薬名等は以下です。

ニトロール&デオドールを飲んでいたが、咳が出るようになり、
バソトップ&ビソルボン&ラシックスに変更するが、まだ咳が出る
ネオフィリン&ルプラック&アピナックに変更したところ(咳止めの注射も処置されましたが名前は聞いておりません)、咳は止まるが、食欲が全くなくなってしまう
ソルデム&カルペリチド(ハンプ)&吐き気止めの点滴開始(飲み薬は一時中止)

長くなって申し訳ありません。
実際に犬を見せてはいませんが、腎臓の数値や薬の推移を伝えて別のお医者様B氏に相談した所、
「腎臓の数値は心臓の悪化による所が大きいと思うので、自分なら、ベドメディン&ジコシン等のさらに強い薬で、心臓のケアを第一にする(=点滴等は行わない)」と言われ、ますます今の処置を続けるかどうかに迷いが出まして、こちらで相談しようと思いました。

咳は出るものの食欲があった頃の腎臓の数値
BUN:107  Cre:1.9

点滴を開始し、一時は倍近く悪化したものの、少し改良した現在の数値
BUN:127  Cre:4.0

長くなって申し訳ありません。

・現在の点滴処置は、意味が無いと思われるでしょうか。
・また、咳は一応出なくなった現在の状況で、べドメディン&ジコシン(3.5mlを一日2回)を投与するのは、心臓にとって過剰でしょうか。

今かかっているお医者様は、心臓エコーや心電図、実際の犬の様子を見ていますが、別のお医者様のB氏は見ていないので、強いと言われているジコシンに切り替える事に不安があります。

回答お待ちしております。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
少々お尋ねしたいのですが、
点滴を開始して6日間経過したとのことですが、点滴まえのBUNとCREの数値を教えていただけますでしょうか?
また点滴は1日どのくらいの量を流しているのでしょうか?
主治医の先生の治療方針としてCREがいくつまで下がった時点で今の治療を終了するおつもりなのでしょうか?
食欲はないとのことですが、体重はかなり減ったのでしょうか?最初は何kgで今何kgでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんがお答えさせていただきます。
心臓の治療をするために、ルプラックという利尿剤を使用して、腎不全になったということです。
その腎不全の程度は、重度です。一般的に腎機能の75%が低下するとCREが2以上になります。
その値が今4ということは腎臓の評価としては4段階評価で3です。腎機能は12.5%程度ということです。
そのため、今現在心臓がある程度頑張れるのであれば、心臓と腎臓の保護作用のある心房性利尿ペプチド(カルぺリチド)というとても高価な薬を使用して、なんとか心臓と腎臓の機能を保護しつつ、この急性?かどうかは、すでに慢性化したかもしれない腎機能を少しでも助けようとしているのが、今の状態です。
ピモベンダンとジゴシン(今となってはほとんど使用しない)で心臓の治療をするのではなくて、今は我慢して腎臓の養生をするべきです。
ただピモベンダンやACE阻害剤はハンプと併用しても全く問題ないので、
結論からいえば、今の治療プラスピモ+ACEIの組み合わせでなんとか頑張るのが、よろしいかと思います。
クレアチニンの4という数字を過小評価するととんでもなく痛い目に遭うでしょう。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問