JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

14歳の雌のウェステー 鼻だれが止まりません。粘着質のものです。くしゃみをするたび大量に出ます。 蓄膿症でしょう

質問者の質問

14歳の雌のウェステー
鼻だれが止まりません。粘着質のものです。くしゃみをするたび大量に出ます。
蓄膿症でしょうか?それとも風邪でしょうか?教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
14歳のワンちゃんの鼻水が止まらないということですね。
少々お尋ねしますが、
粘着質のものとのことですが、色は何色でしょうか?
血は混じっていますでしょうか?
今までにどのような検査をされたでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

乳白色で時々黄色が混ざっています。

現在通っている病院では、最初咳と息苦しい症状で行きました。その時に心臓肥大により気管が圧迫されているとのことで、心臓の薬と気管拡張の薬を飲ませています。検査はレントゲンとエコーをいたしました。特に鼻水のことは言っていませんでした。

くしゃみで鼻水が出ると少し症状が軽くなり食欲も出ます。

ただすぐに、ズビズビの状態になります。吸引機で出すことが可能ならそうしてやりたいのですが、方法がわかりませんし、とにかく可哀そうな状況です。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
乳白色で黄色のような感じということですね。
膿性の鼻汁という感じでしょうか。
鼻汁が片側か両方からかによっては多少アプローチが異なりますが、一般的には鼻汁が出る場合の可能性としては、感染症、鼻腔内異物、腫瘍、アレルギーなどが原因となります。
感染症の場合は、細菌感染に加えて真菌(カビ)の感染が原因になることもあります。
鼻腔内異物の場合は、一般的に片側の鼻腔からのみの鼻汁のことが多いです。
レントゲンや鼻腔内を見れる内視鏡などで、調べることになります。
腫瘍などの可能性のある場合は、診断するためには麻酔をかけて、鼻腔内の粘膜を採取して病理診断することが多いです。
飼い主様のワンちゃんの場合、14歳と高齢で、免疫力が低下している可能性もあるため感染症の疑いがまずはあるのではないかと思います。
血液検査にてCRPという炎症マーカーなどを測定するなどとともに、場合によっては鼻汁の培養検査をされることをお勧めします。
またとりあえずは、抗生剤を服用されてみて、症状がおさまるかどうかも、見られるとよろしいかと思います。
ただし、細菌感染には抗生剤は効きますが、カビの場合は抗真菌剤でないと効果がないですから、鼻汁培養の際にはカビの培養も一緒にお願いされることをお勧めいたします。
抗生剤や抗真菌剤を飲んでも良くならない場合には、年齢的にはアレルギーの可能性は低いですから、麻酔をかけての生検をする方法が次の検査としては考えられます。
しかし心臓が悪いので治療中ということであれば、なるべくは麻酔はかけないような方向で治療を進められればと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

十分満足致しました。早速別の病院へ行きましたら感染症ということで只今薬の治療を始めています。

有難うございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
感染症ということで治療をされているということですね。
早く良くなって呼吸が楽になることを願っております。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問