JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

4歳のミニチュアシュナウザー 昨日の朝まで元気 夕方、突然痙攣(ひきつけ)を起こした 病院で診てもらう(血液

解決済みの質問:

4歳のミニチュアシュナウザー
昨日の朝まで元気
夕方、突然痙攣(ひきつけ)を起こした
病院で診てもらう(血液検査、レントゲン、神経系統いずれも異常なし)MRIが必要か?癲癇かも
帰宅後、夜中に1回、朝6時頃1回再発
どうしたらよいですか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
4歳のワンちゃんがてんかんをおこしたということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
1回の発作の時間はだいたい何分位でしょうか?
昨日は発作を抑える注射などはされていないのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

癲癇と診断されたわけではありません。

注射はしていません。

発作時間は1分ぐらいだと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
24時間以内に2回以上のてんかん発作がおきている場合は群発状態なので、群発性のてんかん発作です。
この状態をほっておくと、また次の発作がおきる可能性が高いですし、もっと長い発作がおきる可能性もあります。
発作が群発しておきたときには、まず抗てんかん薬を使用して次の発作を抑える必要があります。
そのため、受診されて発作を抑える注射を打ってもらうことをお勧めいたします。
継続して飲み薬による治療をするかどうかは、また別の話なので、これからの経過を見る必要がありますが、最初に注射を打って発作を止めておかなかったので、また二回も発作がおきたということです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

了解しました。

今日もう一度診断を受けます。

てんかん発作と特定されていますが、他に原因は考えられますか。

それと、犬の世界ではてんかんの症状はよくあることなのでしょうか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

了解しました。


今日もう一度診断を受けます。


てんかん発作と特定されていますが、他に原因は考えられますか。


それと、犬の世界ではてんかんの症状はよくあることなのでしょうか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

質問の回答をお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

大きなくくりでは神経症状と言えると思います。 原因として、頭蓋内の問題(例えば水頭症や肉芽腫性炎症、腫瘍、特発性など)、心臓性(除脈や頻脈などの不整脈)、血液検査で分かる異常(低血糖、高アンモニア血症、電解質異常、低カルシウム血症など)が考えられます。

血液検査にて異常なし(CRPも含む)、心臓も不整脈なし、ということになれば、頭蓋内の異常による神経症状ということになります。

てんかん発作は病態であって、病名ではないです。 他にはM.シュナウザーの場合、脊髄梗塞による痛みのこともありますが、姿勢反応の低下などなければ、それは除外してよろしいかと思います。

てんかんを抑える薬は病気を治しているのではなくて、てんかん発作の閾値をあげて、起きづらくしてしているだけです。

犬は結構てんかん発作がおきます。人の場合より頻度はずっと高いです。

もちろん、今後もおきるようであれば、まだ若いですし、CTやMRI検査、脳脊髄液の検査もされて、原因をはっきりさせることは、よろしいかと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

評価を送らせていただきましたが、確認の質問はよろしいですか。

①てんかん発作自体は生死にかかわりますか。

②てんかんが起きている状態で、特に注意することはありますか。

口の中を少し切ったみたいなので。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
てんかん発作自体が命に関わることは稀です。
しかし、発作が10分以上続くようであれば、大きな発作と言えますし、1日に2回以上の発作がおきる場合も群発性発作と言えます。
発作が頻発したり、長時間続くことで、脳圧が亢進して、脳が変性脱落することがあるため、止める必要があります。
また、発作の飲み薬を飲むタイミングとしては、
月に1回以上の発作がおきる
年間で6回以上の発作がおきる
1回の発作が5分以上続く
のいずれかの条件にあてはまる場合は、発作の頻度を抑えるために抗てんかん薬を飲むことが勧められます。
飼い主様のワンちゃんの場合は、とりあえず群発しているため、今後また発作がおきないように1回注射で発作をしっかりと抑えて、その後の様子を見ることをお勧めします。
また発作がおきるようでれば、検査も重要ですが、薬を飲んで発作を起きないようにすることをお勧めします。
次の発作がいつ起きるかはわかりません、1年後かもしれませんし、今日中におきるかもしれません。
今は脳が興奮しやすい状態になって発作がおきやすい状態なので、まずは注射して脳の活動を休めるようにすることをお勧めいたします。
発作がおきているときは、正常な意識い状態でないことが多いので不用意に手を出して噛まれないように注意してください。
座薬(肛門から入れる薬)もあるため、飲み薬を飲まないのであれば、いざというときのために座薬を用意しておかれるのも方法の1つです。
発作がおさまってから、次の発作がおきないように、座薬を入れるというのも効果があります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変助かりました。

犬 についての関連する質問