JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

生後3ヶ月から飼い始め、今年の7月で13年目のラブラドール雌を飼っていますが、骨肉腫だろうと診断されました。病理の先

質問者の質問

生後3ヶ月から飼い始め、今年の7月で13年目のラブラドール雌を飼っていますが、骨肉腫だろうと診断されました。病理の先生が待機してなく、きちんとした結果は一週間後と言われ、痛みどめを出してもらい待機しています。肺には転移はしていないとの事です。足を切ることはその場では考えてないと先生には話ししまて痛みどめで楽にしてあげたいと話ししましたが、足を断脚しなければかなりの痛みが続くと調べたら書いてあり悩んでいます。
年も年なのですが、足を切る手術に耐えられるのでしょうか?とにかく、痛みを少しでも軽くしてあげたいのですが、、、どの選択をしてあげればいいのでしょうか?今は、三本足でなんとか立ち、食欲は旺盛です。夜は痛いのか小さな声でないています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
Customer: おはようございます。
Customer: ご質問ありがとうございます
Customer: それは心配ですね
Customer: 確かに骨肉腫は悪性度の高い腫瘍で
Customer: かなりの確率で転移を起こしますので、一番いいのは断脚術になります。
Customer: 肺に転移が見つかっていても痛みのコントロールのために断脚術をすることもあるくらい痛みが強い腫瘍です。
Customer: 確かに年齢的にはかなりの高齢ですので
Customer: 麻酔や手術の負担は大きいです
Customer: 耐えられるかどうかは状態によりけりですので、
Customer: 文面だけで耐えられるかどうかをお答えすることはできませんが
Customer: もし今の病院でそれを勧められているのであればやはり麻酔のリスクを考えてもやった方がいいという判断かと思います
Customer: 痛みが続くのはかなり見ていても辛いですので
Customer: その辺りを飼い主さんがどう考えられるかにもよると思います
Customer: 良い選択ができることをお祈りしています
Customer: 回答ご覧いただけましたか?

犬 についての関連する質問