JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はじめまして、ポメラニアンを4匹飼っております。 いきなり本題に入りますが宜しくお願い致します。 1週間前、ちょうど1歳になるメスがゼリー状に鮮血が混じった下痢をしはじめました

解決済みの質問:

はじめまして、ポメラニアンを4匹飼っております。
いきなり本題に入りますが宜しくお願い致します。  1週間前、ちょうど1歳になるメスがゼリー状に鮮血が混じった下痢をしはじめました。 最近、下痢とか先ずなかったもので少し様子をみようと思ってました。 ところが昼頃から始まった下痢が夕方までに5~6回繰り返し餌時になってもほとんど食べず かかりつけの病院に行きました。 体温(正常)、便(消化不良)と聞き 下痢止めの皮下注射と下痢止めの(デルクリアー)をいただいて帰りました。 その日の夜は元気も出てきて一安心しておりましたが 翌日から他の3匹の犬が次々と同じ症状が出て来ました。 色々と最近の事を先生にもお話してお薬をいただいております。 後から症状が出た、3匹のワンコの内2匹は交配をしていてゼンラーゼPを一日2回飲ませてます。  残りの2匹は現状交配をしていないのでデルクリアー(下痢止め)とビオイムバスター(整腸剤)を1日2回飲ませておりますが 交配をしている1匹と交配をしていない1匹がなかなか改善がみられません。 4匹共々元気はあり今では食欲もとてもあらますが 今までこんなに長く下痢が続く事もなかったので困っております。
よきアドバイスをお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
下痢が伝染していることや改善していないこと、現在の下痢を止めるだけの治療で
良くならないことから下痢の原因は
細菌やウィルス感染、原虫などの寄生虫感染が原因だと考えられます
診断するには便を顕微鏡検査をする、下痢をする菌や原虫などのDNAを
調べるREAL PCR検査などが診断方法としてあります
治療は抗原虫薬や抗生剤などが必要だと思います
治療が功を奏しないのは要は診断がされていないためです
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
こんな時間にもかかわらずアドバイスありがとうございます。
質問の続きですが、交配している犬には出来るだけデルクリアーや抗生剤を先生も使いたくないと言われ 私も10年程繁殖をしてまして 仔犬の事を第一に考えてしまいます。
4匹とも顕微鏡検査はしていただいております。
しかし、下痢をする菌や原虫などのDNAを
調べるREAL PCR検査に関しては私も勉強不足で具体的に詳しくお聞きしてもいいですか
あと、妊娠中にでも使用出来る治療法(薬等)も教えてくれませんか!!
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
REAZL PCRはIDEXXという会社で検査しています
どこの病院でも外注できるのですが、便が数グラムあれば
その中のDVNAから下痢をする病原菌が診断出来ます
妊娠中でも使用できる抗生剤はアモキシリンなどが比較的安全です。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:その他.
妊娠中でも使用できる抗生剤はアモキシリンなどが比較的安全です。
とお聞きしましたが繁殖をしてる立場からしたら抗生剤の使用は最後の手段と思っております。
その為、他の整腸剤とかなるべく母子共々負担の少ない治療法をお聞かせ下さい。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
ワンちゃん達が大腸炎の症状からなかなか改善しないということですね。
また抗生剤は使用したくないということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今も下痢が続いているが、食事はいつもどおりに与えているのでしょうか?
与えているフードが開封後1か月以上経過しているなど、なんらかの劣化の可能性はありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

今日、夕方時点でメス1歳の犬だけが下痢と言うより軟便に改善しております。 残りの3匹に関しては普段の正常な便になっております。

まだ油断はできませんが軟便のワンコだけ他の犬と接触しなようにしております。 フードについての質問でしたがヒルズのPROを与えており開封に関してもまだ1ヶ月もたっておらず 餌の量も昔でしたら絶食とも考えましたが普段の量の半分に減らしてやっております。

フードの劣化も考え 前のは全部処分して新たに開封しました。

消去方でひとつずつ考えて、サークル内の衛生面や排尿、排便の後始末など気を使っているのが現状です。

早く 4匹とも元気になりお産に備えるよう願っております。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
現在は1歳の雌のワンちゃんのみ軟便ということですね。他の3頭は改善したということですね。
経過から考えますと、下痢の原因は感染性の可能性が高いとは思いますが、
実際問題として、検便を1回しただけでは原因見つからないことも多いです。
検便としては、直接法(便を水に溶かして顕微鏡で見る検査)、浮遊法(虫卵の集積検査)、ジアルジアの検査、などされることをお勧めしたいです。特に直接法や浮遊法は便の状態が改善しない場合は3回位繰り返してする必要があることもあります。
症状が改善してきていることから、飼い主様の看護や管理が功を奏してきているのではないかと思います。
抗生剤などの薬以外での治療法ということであれば、食事療法(消化器サポートやi/dなど下痢の時に消化のよい食事にする、消化管の炎症を抑える効果もある)、プロバイオティックス(マイトマックススーパーなど、やや高いが効果がある場合も多い、一応決まった量があるが下痢の場合は量を増やして与えてもよいです。)、皮下点滴をして一食絶食絶水して消化管を一旦休めて、その後1/4量→1/2量→通常量というように徐々に食事量を増やしていくやり方、などがあります。実際8割位の下痢はこの絶食療法で改善することが多いです。
食器の洗浄消毒も感染性の疑いがある場合には有効だと思います。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問