JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

トイプードル-5歳メスです。 ある日突然痛がり、病院へ。腰周りが硬く、炎症をおこしていると言われて注射。炎症を取る飲み薬ももらう。翌々日から、全く痛がらないが足を引きずり出し

質問者の質問

トイプードル-5歳メスです。
ある日突然痛がり、病院へ。腰周りが硬く、炎症をおこしていると言われて注射。炎症を取る飲み薬ももらう。翌々日から、全く痛がらないが足を引きずり出したので病院へ。後ろ足が片方は麻痺(深部痛覚はあり)、片方は麻痺まではいかず少し力をいれられる程度。痛がっていない事から、診断がつきにくく、紹介された画像専門の病院でCT, MRIをとりました。診断結果は4-5番目の間でのヘルニア。
翌日、手術。あけてみると圧迫していると思われたものがなく、まばらに散っているだけとのこと。あるだけは取ったが、麻痺の直接の原因ではないのでは?というのが手術の所見でした。歩けるようになる可能性が少ないかもしれないと言われています。
現在、食事はとれていますが、術後で炎症数値が高く入院で経過をみてもらっています。
他に考えられる要因や病気の可能性、麻痺を良くする為の治療法などないでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
何処の病院で検査や手術をしましたか?
炎症マーカーのCRPは数値はいくつでしたか?
リュウマチ因子や抗核抗体検査は実施しましたか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
手術は岡山動物医療センター、画像診断は大阪の千里桃山台動物病院です。始めの炎症は触診で、かかりつけの病院の診断。術後の炎症は数値は不明です。手術で筋肉を切っている為と説明いただいています。
その方、検査は血液検査のみで、特に異常はないと言われていますが、リウマチなどについては不明です。情報不足でしょうか。。すいません。。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられる病気としては
①ダックスに稀にみられる脊髄炎
原因不明で免疫異常が原因ではないかと考えられていますが
脊髄炎を起こしている。治療は免疫抑制剤やステロイドなどが使用されます
治らないことも多いように思いますが、治療してみないとわかりません
②脊髄梗塞
脳梗塞と同様に血管が詰まって、神経に麻痺が出た。
軽度なら時間が経過すると改善します。
③脊髄腫瘍
抗がん剤や放射線治療
などが治療方法になります
ダックスに多い免疫異常が原因だったり、稀に脊髄腫瘍だったりしますが
これらの病気は予後が悪いことも多く、治療方法もよくわかっていないものが
ほとんどです。最初の画像検査が診断のポイントなので一度
画像を大阪府立大学など、他の病院で診てもらってセカンドオピニオンしてもらう
ことをお勧めします
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
参考にさせていただきます。ありがとうございました!
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
お大事にどうぞ

犬 についての関連する質問