JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

16歳、オス猫です。子供のころから吐き癖があり、フードを食べた後、消化されないまま吐いたりしていました。最近は、白い

解決済みの質問:

16歳、オス猫です。子供のころから吐き癖があり、フードを食べた後、消化されないまま吐いたりしていました。最近は、白い泡状のものをよく吐くようになりました。1日に2,3回、少量ですが吐いています。特に具合が悪そうなことはなく、通常通りに過ごしています。少々、便秘がちで、先日も獣医科病院で、浣腸をしてもらいました。便は、硬く、少量ずつしか出ません。やはり、それと関係あるのでしょうか?それとも腎臓とかが悪くなっているのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
16歳の猫ちゃんで最近白い泡のようなものを吐くようになり、便も硬い?のか便秘気味ということですね?
少々お尋ねしたいのですが、
猫ちゃんは体重はだんだん減ってきていますでしょうか?
レントゲンや血液検査などはまだされていませんでしょうか?
便秘とのことですが、便は硬いでしょうか?それとも便自体は硬くはないでしょうか?
水を飲む量が増えたとかいうことはありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

もともと肥満状態で、体重は10キロぐらいありました。徐々に体重は減少し、現在は、7キロぐらいです。レントゲン検査や血液検査は、最近、やっていません。便は硬くコロコロ状態です。水を飲む量は、それほど増えているとは思えませんが…。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
白い泡は胃液なので、何らかの原因で、胃が荒れている可能性があると思います。
また便が硬いというのは、何等かの原因で、やや脱水気味の可能性があると思います。
体重減少をしているということは、年齢から考えますと、それなりかもしれませんが、食欲の低下や慢性疾患の可能性があると思います。
このように考えますと、もちろん腎臓病の可能性はありますし、他にも糖尿病や、慢性膵炎、甲状腺機能亢進症などの可能性もあると思います。
そのため、やはり一度血液検査、尿検査、レントゲンやエコー検査をされる必要があると思います。
もしその結果はっきりした異常がないのに、便秘になっているという場合は、ロイヤルカナンの消化器サポートにすることで症状が改善することがしばしばあります。
便秘だからといって浣腸を繰り返すのではなくて、はやめに一度検査、上記の検査を全部ではなくても血液検査から順番にでもよいですから、をされることをお勧めいたします。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
猫の場合月に2-3回吐いたりすることは、しばしばあることですが、
1日2-3回胃液を吐くということは、通常はないです。
便秘で吐くということも考えられますが、その基礎として、なにか慢性疾患を抱えている疑いがあるため、はやめに一度検査をされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

治療方法について教えてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
飼い主様の猫ちゃんは現時点で、いくつかの病気の可能性がありますので、まずは診断をつけて、治療方針を立てることをお勧めいたします。
一般的には検査→診断→治療
となります。
その上で、
慢性腎臓病の治療をご説明しますと、
腎臓病も病気の重症度(病期)によって、治療法は多少異なりますが、
1、食事療法、ロイヤルカナンの腎臓サポートやヒルズのk/dなどの腎臓病用の食事に切り替える
2、輸液療法、皮下点滴を週1回などのペースでされて、水分を補給し、腎臓でのろ過量を増やすとともに、脱水を改善する
3、症状に応じて吐き気がある場合は、ガスターなどH2ブロッカーの使用、ビタミンB群の補給、整腸剤(マイトマックスやビオフェルミンなど)
4、腎血流量を増やす薬の投与、ベナゼプリルなどのACE阻害剤やセミントラなどの腎臓血流量を増やす薬を飲ませて腎臓の機能を長持ちさせる治療
などが、一般的に有効です。
糖尿病の場合は、人と同じように食事療法とインスリン治療、甲状腺機能亢進症の場合は、食事療法か薬で甲状腺ホルモンの合成を抑える、膵炎の場合は抗生剤と点滴、疼痛管理をしっかり行うことが必要で場合によっては入院も必要、
です。
レントゲンの結果巨大結腸症で便秘になっているという場合は、プリンぺランやモサプリドの内服、食事療法、また便を柔らかくする薬の投与、をすることで症状が改善することが多いです。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問