JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳4か月の雄のヨークシャテリア(体重2.4キロ)が頻繁に嘔吐をします。 吐くのは胆汁が殆どでしたが、先月から

質問者の質問

1歳4か月の雄のヨークシャテリア(体重2.4キロ)が頻繁に嘔吐をします。
吐くのは胆汁が殆どでしたが、先月から食欲が出てきたためか、食べたものを食後(2時間後から5時間後)に吐くようになりました。内容物は水分とドライフードです。
今月はほぼ毎日なので、昨日動物病院に行って検査をしてきました。血液検査と触診は問題がなく、超音波検査はリンパ節に腫脹があると言われました。また、アレルギー強度検査で40%と高い数値が以前確認されたのでそのせいかもしれないとも言われました。
吐いた後は元気で、昨日の検査の時の体重は前回時より200グラム増えていました。
さすがに他の先生にも聞いてみたく質問をさせていただきました。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
1歳4か月のワンちゃんが頻繁に吐くようになったということですね。
検査は血液検査とエコー検査をされた、ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
血液検査では、肝臓、腎臓、膵臓、電解質、など総じて異常は無かったということでしょうか?
また白血球数はいくらでしたでしょうか?その分類は桿状核好中球、分葉核好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球、の数値は幾らでしたでしょうか?
体温は何度でしょうか?CRPの値はいくつでしたでしょうか?
エコー検査にてリンパ節の腫脹があると言われたとのことですが、どこのリンパ節が大きさで何センチに腫れていたのでしょうか?
今どのような治療をされているのでしょうか?
食事の種類は何でしょうか?フードが開封後1か月以上経っていて古いということはないでしょうか?
昨日の結果、治療は今何をされていますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

血液検査では総じて問題ありませんでした。

数値に関しては、添付ファイルをご覧下さい。

体温、CRPは不明です。

どのリンパ節はわかりませんが数ミリと言っていたような気がします。

治療はしていません。というもの、夏に膝蓋骨脱臼の手術をそこの病院でして2週間以上入院をしました。

元々胆汁を吐くことが多かったのですが、入院中は1度も確認できなかったということで病院側は自宅の環境による嘔吐の可能性が高いと判断をして具体的な治療はしませんでした。

食事はドライフードで2週間以内に使いきっています。

今後は、内視鏡を含めて相談をしましょうと動物病院は言っています。

以上、よろしくお願いをします。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ
ご質問の再投稿があったのでお答えいたします。
丁寧に写真をありがとうございます。
この数値ですと確かにまったく血液検査には問題ないですね。
リンパ節は超音波で見たのであればおそらく腹腔内のどこかのリンパ節(腸骨リンパ節や腸間膜リンパ節など)かと思います。
これらが腫れる場合は、炎症や腫瘍によるものであることが多いですが、数ミリであれば明らかな腫れではないかもしれません。
年齢的には確かにアレルギーの可能性も十分ありますね。
他に食後2~5時間となると少し胃からの食べ物の排泄が遅い可能性もあります。
そうなると可能性としては年齢を考えると幽門狭窄も考えられます。
また、胃潰瘍や胃のびらんということも考えられます。
それほど深刻な状況ではなさそうですので、積極的な検査をするかどうか迷うところですが、もしできる限り診断を付けたいということであれば、次にやる検査は、全身麻酔が必要ですが、CT検査や内視鏡検査ではないかと思います。
胃薬や少量頻回の給餌で様子を見るのも一つの方法ですし、一度積極的な検査を受けて見られるのもいいかと思います。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧な説明をありがとうございます。

いただいた内容で教えていただきたいことがあります。

これらが腫れる場合は、炎症や腫瘍によるものであることが多いですが、数ミリであれば明らかな腫れではないかもしれません。

→炎症や腫瘍の場合には、血液検査の数値には表れないのでしょうか?

年齢的には確かにアレルギーの可能性も十分ありますね。

→年齢的とはどういう意味なのでしょうか?(幽門狭窄も)

以上、よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
ます腫瘍は基本的には血液検査には現れません。
それから、炎症でもよほどひどくなければ血液検査で異常は出てこないでしょう。
それから、お歳をとってからアレルギーの症状が出ることは多くはないですし、幽門狭窄も基本的には先天疾患ですので、若いころから症状が出てきます。
高齢になってから出てくる病気は多いですが、若いうちに出てくる病気は限られていますので、そういう意味で年齢的にはといういい方になっています。

犬 についての関連する質問