JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

家の犬はパピヨンで15歳のメスです。最近嘔吐を繰り返し、えさも食べずに元気が無いので病院に連れて行ったら胆のうが悪く

質問者の質問

家の犬はパピヨンで15歳のメスです。最近嘔吐を繰り返し、えさも食べずに元気が無いので病院に連れて行ったら胆のうが悪く、摘出手術以外治らないといわれましたが、黄疸も出ていてかなりの重症なので、大きなリスクが有り成功する確率は極めて低いので覚悟して欲しいとの事でした。 高齢なので上手くいったとしても、術後どの程度回復するか、その後どれ位生きれるのかと思うと、犬にとってすごいストレスと負担を与えるのでは、と思い手術をするか悩んでいます。 獣医さんは危険な手術なので、良く考えて下さいといわれます。ただこのままだと胆のう破裂で確実に死ぬとの事です。 手術をするべきかどうか、アドバイスをお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちわ

Customer:

ご質問ありがとうございます。

Customer:

おそらく胆のう粘液嚢腫かなにかではないかと思います。

Customer:

確かにおっしゃられる通り、手術の成功率は高くないものにはなります。

Customer:

ただし、内科的な療法ではおそらく難しいですので、やはり助けるためには手術しかないかと思います。

Customer:

一か八かというのはあまりいい表現ではないですが、

Customer:

助けられる道は手術しかないと思いますので、成功できる方にかけて手術されることをお勧めします。

Customer:

あの時に手術していれば助かったかも、という後悔をしないことが確信できるのであれば内科的に少しでも良い時間を長くできるようにするのも一つの方法ではあります。

犬 についての関連する質問