JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

秋田犬をかっています、もう16歳くらいです。 歩けなくなりほぼうつぶせの状態で毎日寝たきりです。半年経ちました。 動くのが辛いようです。今ならエアウェーブのマットの上で寝せてい

解決済みの質問:

秋田犬をかっています、もう16歳くらいです。
歩けなくなりほぼうつぶせの状態で毎日寝たきりです。半年経ちました。
動くのが辛いようです。今ならエアウェーブのマットの上で寝せています。
どうしてあげるのがよいのでしょうか?
このままでは、お腹?うつぶせなので、床についている面が全面床ずれになってしまうのではないかと、心配です。
ご飯は少したべ、おしっこもその場でする状態です。
自力ではあることはできません。
どこがいたいのかもわかりませんが、何をしてあげれば、床ずれにならずに、すむのでしょうか?
今年のはじめから顎のしたに腫瘍が有り、当初病院にいって検査したさいには、悪性とはゆわれませんでしたが、勝手にそれが癌なのだとおもっています。
それも影響してるのでしょうか?
先生には手術に耐えられるかどうか?!といわれたので、切除していません。
癌に侵される前に、床ずれで腐ってしまうではないかと心配です。
何かできることはありますでしょうか??
本人は前足だけはすこしうごかせるので、うつぶせの状態はかわらないのですが、少しだけ自力で動いています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
japavet :

こんばんわ。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

確かに大型犬の子で寝たきりに近い状態になると床ずれのリスクはかなり高くなります。

japavet :

とこずれは、一か所に圧力が強くかかる場所があると血行障害を起こして起こりやすくなります。

japavet :

ですので、基本的には一日数回の体位変換が一番有効な手段になります。

japavet :

ですので、うつ伏せ以外にも、左下、右下など変えて会えるのがいいでしょう。

japavet :

すいません、変えてあげるのがいいでしょう

japavet :

それから、エアマットは非常にいいと思いますので続けてください。

japavet :

床ずれになりやすい場所は、骨が出っ張っている左右の腰骨の部分と、肩の部分になります。

japavet :

この部分は特に注意してもらい、マッサージをしてもらったり、そこだけクッションを付けてあげるなどして、血行を促進し、圧迫されないようにするといいでしょう

japavet :

顎にがんがあればそれが原因ということももちろん考えられますが、16歳の秋田犬の子であれば、普通に加齢性の関節疾患などで立てなくなっている可能性も高いでしょう

Customer: ありがとうございます。
Customer: 先日、うつ伏せで、お腹周りがどうなっているか知りたくて、横向きの態勢にころんと寝かせ様としたら嫌がりまして、状態がわかりませんでした。
japavet :

そうですか。

japavet :

確かに横向きは嫌がる子も多いですね。

japavet :

その場合はできるだけ、無理しない程度におなかのほうをマッサージしてもらったほうがいいでしょう

Customer: 無理に態勢を変えようとするのは良くないのでしょうか?なんせ、本人がうつ伏せでしか寝ないものでして、、、これが一番楽なのかともおもっていました、、が、このままでは床擦れするのだろうとおもっていたところでしたが、、無理やり横にするのは本人が抵抗するかぎり、しないであげて、おしえていただいたように、クッションやマッサージをするしか無いのでしょうか?
japavet :

そうですね。

japavet :

無理やりやってそれで横向きで寝てくれるのであればそれでもいいかもしれません

japavet :

ただし、抵抗してすぐに戻ってしまうとか、横向きに出来ない時は仕方ありません。

japavet :

うつ伏せの場合は比較的床ずれになりやすい場所は少ないですので

japavet :

マッサージで血行を促進してもらえば大丈夫なことも多いです

Customer: そうですよね、、、無理には可哀想で、、
Customer: 殆ど鳴かない犬なのですが、痛いのか最近よくなくのです。
Customer: マッサージはどのようにしたらいいのですか?撫でる程度でしょうか??
japavet :

もむような感じあるいは間接付近であれば関節の曲げ伸ばしです

japavet :

もしかしたら痛いのかもしれませんね。

japavet :

痛みどめを処方してもらうのも方法の一つです

Customer: そうですか、できる限りやってみます!!!
japavet :

はい、16歳まで生きれる子は少ないので、それだけでも大往生です。

japavet :

後はできる限り痛みや苦しみのない生活をさせてあげてください

Customer: 痛みどめは本人が楽になるものですか??かかりつけの先生に相談して、いただくことはできるのでしょうか??副作用とかもあやませんか??
Customer: ありませんか?でした、すみません。
japavet :

痛みどめは効けば楽になります。

japavet :

関節や腫瘍の痛みはあるでしょうから。

Customer: なるほど、相談してみます。
japavet :

また、処方してもらえるかどうかはその先生次第ですので何とも言えません

Customer: 本人の食欲があるいじょう、もちろん食べさせてよいですよね?
Customer: 毎日毎日、介護をしていて、、、こちらの生きていて欲しい欲なのかと、、
japavet :

副作用も様々ですが、オピオイドと呼ばれる麻薬に近いもので、トラマドールといわれるものがあるので、それは比較的副作用は少ないです

Customer: ただ、食べる限りはもちろん与えますがもちろん。
japavet :

もちろん食欲があれば食べさせてください

Customer: マッサージ、関節の曲げのばし、やってみます。
Customer: 本当に本当に有難う御座いました!!!!
japavet :

はい、お大事にどうぞ。

japavet :

無理をしない程度でいいので頑張ってみてください

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問