JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

コーイケルホンディエ6歳ですが小麦アレルギーと色々な検査で判明し赤くぶつぶつができ現在 痒みどめブレドニゾロン1日

解決済みの質問:

コーイケルホンディエ6歳ですが小麦アレルギーと色々な検査で判明し赤くぶつぶつができ現在
痒みどめブレドニゾロン1日一回1錠抗生剤1日2回1粒を飲ませおりますが中々なおりませんが
何か違う皮膚病とかではないのでしょうか教えて下さい宜しくお願いします。
なお餌はロイヤルカナンセレクトプロテインダックタピオカを食べさせております。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

こんばんわ。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

赤くぶつぶつができる皮膚病はかなり多いですがもう少し状況を詳しくお願いします。

japavet :

1.何歳の子ですか?

japavet :

2.症状はいつから出ましたか?

japavet :

3.ぶつぶつはどのあたりに多いですか?

japavet :

4.ぶつぶつ以外にかさぶたや福家など何でもいいので症状はないですか?

japavet :

よろしくお願いします

Customer:

色々質問欄にかいてありますので再度見て下さいかさぶたもありますぶぶつはぜんたいです宜しくおねがします。


japavet :

すいません、年齢は書いてありましたね。

japavet :

ですが、症状がいつから出たとか、どのあたりに多いなどという情報もあるとありがたいです。

Customer:

症状は8月ぐらいになります後お腹に赤く出ています。

Customer:

症状は8月ぐらいなります後お腹に赤くでています。


japavet :

8か月くらい前からあるということですね。

japavet :

小麦以外のアレルギーはないということですか?

Customer:

色々検査をしてもらいましたが後はとくにありませんが

japavet :

いろいろというのはアレルギー検査もしたということですね?

japavet :

またノミの予防はしっかり病院で処方してもらったものをしていますか?

Customer:

そうです。先生からはノミのことはなにも話しとしてありません。

japavet :

返信ありがとうございます。

japavet :

今から回答を掻きますので少しお待ちください

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

相談いたしましたがなかなか現状を見なくてはやり取りだけでは的確な回答が出ないと思います飲んでいる薬では判断はできないでしょうか。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
まず、症状から一番疑われるのはやはりアレルギーです。
ただし、アレルギーは他の皮膚疾患をすべて除外してでしか診断することができません。
6歳の子でそのような症状で考えられる病気としては他にも
・疥癬症
・ニキビダニ症
・膿皮症(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などが原因になっていることもあります)
・ノミアレルギー
などもあります。
このあたりが本当にしっかり除外できているのであればアレルギーの可能性はかなり高くなります。
そして、アレルギーの場合は治療法は
・免疫抑制剤(ステロイドやシクロスポリンなど)
・抗生剤(アレルギーによって弱くなった皮膚への感染予防)
・サプリメント
・食事
・シャンプー
などを組み合わせて治療をします。
今の治療で100%よくなるというわけでもありません。
ですので、まずは上にあげたような皮膚疾患をまずはしっかり除外あるいは試験的治療をして、それでやはりアレルギーが疑われるという場合は、
1.ステロイドの量を増やすあるいはシクロスポリンの併用
2.食事をほかの種類の食事(z/dなど)に変える(これは血液検査では100%すべてのアレルギーの検査ができないので、他のアレルギー食に変えるというものです。)
3.食事を手作り食に変える(中には食品添加物にアレルギーを起こす子もいます)
4.シャンプーや抗生剤、サプリメントを併用する
などといった治療の変更が必要になります。
今の病院でそれ以上の治療ができなさそうであればセカンドオピニオンを受けられることをお勧めします。

犬 についての関連する質問