JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。 犬: ミニダックス 12歳 メス 今週、 刺激ホルモンのテスト(

解決済みの質問:

ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。
犬: ミニダックス 12歳 メス
今週、 刺激ホルモンのテスト(3時間くらい検査入院で)副腎皮質機能亢進症と診断されました。
値が、20以下であるべきところ、47とのことでした。
先生①のところでは、この検査は、ストレスが結果に影響するので、 一回目の注射の後、飼い主の元に戻し、時間がきたら(1時間後とか) 再度来院し、2回目の検査とする、と言われていました。
しかし、先生①とは 開院時間の関係で予定が合わず、先生②のところで検査を受けました。
先生②は、先生①が言った 検査へのストレスの影響についてはなにも言及されず、 御前中 お預かりの検査入院をさせました。
我が家の犬は、いままで入院したこともなく、ペットホテルの利用もなく、ここ5-6年は長時間の一人お留守番もさせておらず、いつも家族と一緒にいる状態です。
このような犬が、 検査入院をした場合、 先生①がおっしゃったような、結果の値への影響は起こりますでしょうか?
ちなみに、以下の症状
水をたくさん飲む、
おしっこの量が増える、
食欲増える
お腹が張れる
運動をしたがらない
はございます。
しかに、こちらの症状は
全体的に毛がうすくなる、
左右対称に毛が抜ける、
皮膚がうすくなったり、
ないと思います。
先生②は、検査結果を見て、 トリロスタンと処方してくれました。 まだ投薬は開始しておりません。
どうぞよろしくお願いもうしあげます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんばんわ。

Customer:

ご質問ありがとうございます。

Customer:

確かに副腎皮質ホルモンはストレスの影響で増加することはあります。・

Customer:

ですので、まったく影響しないとは言いません

Customer:

ただし、その数値を見る限り、ストレスだけでそこまで数値が上がるとは思えません

Customer:

20代くらいならストレスの影響は考えられますが、47というのはやはり病気のせいかと思われます。

Customer:

また、いくつかの症状が出ているのであればなおさら副腎皮質機能亢進症は疑われます。

Customer:

ですので、ストレスの影響はある可能性はありますが、やはり副腎皮質機能亢進症はほぼ間違いないと思いますので、投薬は行っていってもらったほうがいいでしょう。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

Japavet様

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

さっそくご回答ありがとうございます。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

症状のすべてではなく、いくつかがでている場合、また 我が家の犬の数値を考えた場合は、投薬がてきしているとのこと、ご意見をいただきありがとうございます。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

先生②のおすすめは、トリロスタンの処方でした。 もう一つのオプションとしては、弱い薬とサプリメントの併用とのことでしたが、 数値47を考えると トリロスタン投薬を飼い主としても選んだほうが妥当かとおもわれますでしょうか?

Customer:

そうですね。

Customer:

トリロスタンは確かに比較的強めのお薬ではありますが、

Customer:

やはり現在の治療ではやはり一番有効な治療法です

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

副作用として、 虚脱が起こる可能があるとのことでしたが、 虚脱は重い副作用でしょうか? もしくは、 副作用をある程度考慮にいれても、 数値結果からみて、 トリロスタン治療を先生でもおすすめしますか?

Customer:

はい、そうですね。

Customer:

トリロスタンは少し低めの用量からスタートして、元気や食欲などの一般症状と定期的な血液検査をしていくことで

Customer:

それほど怖い副作用は出ません

Customer:

すいません、かなり出にくくなります。

Customer:

副腎皮質機能亢進症は、糖尿病や血栓塞栓症など命にかかわるような病気を引っ張ってくることが多い病気で

Customer:

やはりしっかり管理するためには私はトリロスタンをお勧めします。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

貴重なセカンドオピニオン ありがとうございます。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

ここ数日 迷っておりました気持ちが晴れました。 なかなか先生①と②をいったり来たりして 質問するのも気が重いことでしたので、 japavet先生のご意見で前進する勇気をいただきました。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

それでは、トリロスタンの治療ですすんで 

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

いきたいと思います。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

どうもありがとうございました!!

Customer:

そういっていただけるとありがたいです。

Customer:

お大事にしてください

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

はい、 わんこといっしょに治療頑張ります。

JACUSTOMER-c5noyg0c- :

ありがとうございました!

Customer:

はい、またなにかあればごしつもんください

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問