JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

16歳ビーグルの女の子です。今年の8月頃、妙な咳をしていたので受診したところ、咳止めを処方され服用していました。その

解決済みの質問:

16歳ビーグルの女の子です。今年の8月頃、妙な咳をしていたので受診したところ、咳止めを処方され服用していました。その時咳は収まったのですが、11月に入り突然全く食事をとらなくなったので、再度受診したところ肺に水がたまっていて、レントゲンが真っ白だと言われました。心臓のポンプ機能が弱まることが原因だと思うとのことでした。
食欲を増進させるために副腎皮質ホルモン剤を処方されたのですが、全く食事をとらないため服用させることができません。点滴をしていますが、状況は少しも良くならず、むしろどんどん元気がなくなってきています。
インターネットで調べたら、老犬の多くは心臓の疾患が起こりやすく、初期症状として咳が出ることが挙げられていました。8月の時点で心臓疾患を疑わず、根本原因の対策をとってくれないことに主治医に対して不信感を感じています。
主治医の話では、今後できるのは手術をして気管にパイプを通すことぐらいだ、と言われました。
でもその方法では、食事を強制的に食べさせることはできても、根本の解決にはならないと思います。食事をとることはもちろんですが、根本原因を少しでも好転させてあげたいと考えています。
手術以外で、何かできることはないでしょうか?
現時点では、食事は全く食べない、注射器のようなもので強制的に摂取させることができない(暴れるので)状況です。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
issafd3s :

こんばんは。

issafd3s :

16歳のビーグルのワンちゃんの具合が悪いということですね。

Customer:

こんばんは。

issafd3s :

食欲がない、肺に水が溜まっている、気管にパイプを通す?必要がある、ということでしょうか?

Customer:

老犬とい

いうこともあると思いますが、

、何かほかにしてあげられることができないかと悩んでいます。

issafd3s :

主治医の先生の診断は何でしょうか?

Customer:

本日の診察で、あとできることは気管にパイプをつないで強制給餌をすることだと言われました。

issafd3s :

それは分かりました。主治医の先生は病名の診断名は何と言われていますでしょうか?

Customer:

肺に水がたまっていることの対策はしていただけません。

issafd3s :

肺に水が溜まっているということについてですが、それは心臓が悪いことからきているのでしょうか?

Customer:

病名は、特に言われていません。おそらく根本原因が心臓だろうということです。

issafd3s :

肺に水が溜まっているということは、肺水腫ということでしょうか??

Customer:

はっきりと肺水腫とは言われていません。

issafd3s :

今までどのような検査をされていますでしょうか?

Customer:

血液検査とレントゲンです。

issafd3s :

血液検査とレントゲンということですね。その前に聴診や体温測定などはされていないのでしょうか?

issafd3s :

聴診にて心臓に雑音があるということはないのでしょうか?

Customer:

聴診と体温測定はしていましたが、雑音は特になかったようです。体温は平常でした。

issafd3s :

心雑音はないということですね。

issafd3s :

そしたら心臓病の可能性は低いと思います。

issafd3s :

血液検査の結果について教えていただきたいのですが、CRPという項目は測定されていますでしょうか?

issafd3s :

また白血球の数値はいくらでしょうか?

Customer:

CRPという項目はありません。白血球は、12.22となっています。

Customer:

すみません。

Customer:

質問項目に書き忘れていたのですが、尿があまり出ていません。

Customer:

軽い尿毒症だと言われました。

issafd3s :

すいませんが、血液検査の結果を出来るだけ詳しく教えていただけますでしょうか?

Customer:

BUNが36、CREAが1.9、RBCが9.04、HGBが21.8、MPVが7.8、PDWが9.0

Customer:

注意項目として上がっていたのが、以上の項目です。

issafd3s :

全部教えていただけますでしょうか?

Customer:

HCT58.9%,

MCV65.2

MCH24.1

MCHC37.0

RDW20.2%


Customer:

RETIC0.5

Customer:

RETIC47.0

Customer:

WBC12.22

Customer:

NEU57.9

Customer:

LYM32.1

Customer:

MONO7.7

Customer:

EOS1.7

Customer:

BASO0.6

Customer:

NEU7.08

Customer:

LYM3.92

Customer:

MONO0.94

Customer:

EOS0.21

Customer:

BASO0.07

Customer:

PLT331

Customer:

MPV7.8

Customer:

PDW9.0

Customer:

PCT0.26

Customer:

GLU86

Customer:

BUN36

Customer:

CREA1.9

Customer:

BUN/CREA19

Customer:

PHOS5.1

Customer:

CA9.8

Customer:

TP5.8

Customer:

ALB2.6

Customer:

GLOB3.2

Customer:

ALB/GLOB0.8

Customer:

ALT32

Customer:

AST23

Customer:

ALKP206

Customer:

GGT<0

Customer:

NA156

Customer:

K4.9

Customer:

NA/K32

Customer:

CL112

Customer:

以上の項目です。

issafd3s :

分かりました。ありがとうございます。

issafd3s :

レントゲン検査で白いと言われたのは肺でしょうか?

Customer:

肺だと言われました。

issafd3s :

血液検査では、腎臓の数値(BUNとCRE)はやや高めですが、尿毒症のレベルではないですし、高齢であることを考慮すれば、それほど悪いわけではないと思います。

issafd3s :

肝酵素やアルブミンの数値も問題なしです。

issafd3s :

白血球の上昇も顕著なものはないようです。

issafd3s :

11月の段階では咳は止まっていたのでしょうか?

issafd3s :

呼吸が荒くて速いということはあったでしょうか?

issafd3s :

呼吸が苦しそうということは飼い主様からみてあるのでしょうか?

Customer:

咳は止まりましたが、呼吸が荒く速いことはあります。

Customer:

最近は落ち着いています。

Customer:

家庭で使える酸素吸入器を使うこともあります。

issafd3s :

正直なところ、ワンちゃんの病気の全体像がつかみにくいのですが、

issafd3s :

レントゲン検査にて肺が白いということが、ほんとだとしますと、通常は肺は空気で満たされているため、レントゲンでは黒く映ってくるはずです。

issafd3s :

それが白いということは、液体貯留や肺炎などの炎症、腫瘍病変、などが考えられます。

issafd3s :

恐らくは、これらのいずれかの原因によって肺の機能が低下していて、しんどいので、食欲が低下してきているのではないかな、と思います。

issafd3s :

心臓が悪くて肺に水が溜まる病気で肺水腫という病気がありますが、これの治療には、利尿剤によって、肺に溜まった水を尿として取り除く治療が必要

issafd3s :

ですし、また心臓病の治療も必要です。

issafd3s :

心臓病の治療はステロイド(副腎皮質ホルモン)ではないです。

issafd3s :

肺炎(特に感染症)の場合には、抗生剤による治療が必要です。ステロイド治療は感染が原因で肺炎になっている場合、症状が悪化します。

issafd3s :

腫瘍の場合は、効果的な治療はないです。

issafd3s :

先生が気管にパイプを入れる必要があると、言われているのは、恐らく、気管虚脱があって、気管がつぶれて気道が細くなっているので、パイプを入れて気道を広げてあげる必要があるということだと思います。

issafd3s :

これは呼吸器疾患のことを意味します。

Customer:

気管にパイプを入れるのは、そのパイプを通して食事を流すためだと言われました。

issafd3s :

気管は呼吸するために肺に繋がる道なので、これにパイプを入れて食事を流したら大変なことになりますよ。

issafd3s :

気管ではなくて食道ではないですか?

Customer:

写真では、のどの外にチューブが出ていました。

Customer:

おそらく食道です。

issafd3s :

つまり、先生が説明のために、飼い主様に見せた写真では、ということですか?

Customer:

その通りです。

issafd3s :

先生は丁寧に説明されているのですね。

issafd3s :

先生は恐らく、食事を食べない場合は、人でやるのと同じように食道チューブを着けて、流動食を流してあげる、という方法があると、説明されたのですね。

Customer:

その通りです。


issafd3s :

確かに食欲不振の動物の場合、しばしばやる処置です。

issafd3s :

しかし問題は肺が白いことが一番治療するべき問題ではないかと思います。

issafd3s :

先ほどもご説明したのですが、肺が白い原因をなるべく早くはっきりさせる必要があります。

issafd3s :

そうでないと適切な治療ができないからです。

issafd3s :

食道チューブはあくまでも補助療法であって、これを着ければ、肺の問題が解決するわけではないです。

issafd3s :

また食道チューブを設置するためには、麻酔をかける必要があります。

issafd3s :

肺が白い状態では麻酔はかけれないでしょう。

Customer:

麻酔をかける手術は、高齢でもあるのでするつもりはありません。

issafd3s :

そしたら、まずはなるべく早く肺の治療を適切にする必要がありますね。

issafd3s :

そのためには診断を着ける必要があります。

issafd3s :

今の先生では、肺が白いことについて、診断ができていないということですね。

Customer:

心臓のポンプが弱まることで、血流が悪くなり、その結果肺に水がたまる、と言われました。

issafd3s :

もしそれがほんとならば、心臓の雑音があるはずですが、先ほど飼い主様は心雑音はないと、ご記入されました。

issafd3s :

もし心臓病による急性肺水腫が原因で、肺が白いということであれば、その治療をしてあげる必要がありますね。

issafd3s :

その場合はフロセミドという利尿剤を使って肺に溜まった水分を抜く必要があります。

Customer:

その利尿剤は、どのように摂取するものでしょうか?

issafd3s :

注射です。

issafd3s :

飲み薬もありますが、最初は注射で治療します。

Customer:

注射なら受けられます。

issafd3s :

そうですね。

Customer:

やはり肺にたまった水を流すことが最優先ですね。

issafd3s :

一般的にはフロセミドの注射と、飲み薬で、ACE阻害剤とピモベンダンという薬を飲ませます。

issafd3s :

入院して集中治療することが基本ですが、フロセミドの注射を定期的に打って外来で治療することもあります。

issafd3s :

フロセミドは経口薬もあります。

issafd3s :

肺に溜まった水分を利尿剤を使用して尿として出すのです。

issafd3s :

先生にその治療をお願いしてみてはいかがでしょうか?

issafd3s :

またステロイドは心臓には逆効果なので、注意して使用する必要があります。

issafd3s :

他にご質問はございますでしょうか?

Customer:

先生に相談してみます。

Customer:

ありがとうございました。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返答が遅くなりました。(PCフリーズしてました)

ご回答ありがとうございました。

先生に相談してみます。

ありがとうございました。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返答が遅くなりました。(PCフリーズしてました)

ご回答ありがとうございました。

先生に相談してみます。

ありがとうございました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問