JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ゴールデンリトリバー7才メスです。 二ヶ月位前から食欲が無くなり、ひと月前辺りからはほとんど何を与えても食べなくな

質問者の質問

ゴールデンリトリバー7才メスです。
二ヶ月位前から食欲が無くなり、ひと月前辺りからはほとんど何を与えても食べなくなりました。その間、ペットクリニックにも通いエコーや血液検査をしましたが、原因を特定出来ずに、点滴と抗生剤の飲み薬で対処していました。
つい先日、いよいよ寝たきりになって来ましたので思いきって他のペットクリニックに行きたしたら、CT(MRIかも?内蔵を輪切りにして診るX線)と血液検査から、子宮内膜症で白血球も7倍になっているとのこと。手術にも体力が持たないだろうとのことで余命2,3日かもしれないとの診断でした。
いま思えば、二ヶ月前に食欲が落ちる更にひと月前ほどに、肛門か膣辺りから流血をしていました。その時は生理でもちょっと酷いのかな?位に思って自然観察しているうちに治まったので特別に処方はしませんでした。
やはり、このまま息絶えるのを待つしか方法はないのかと思い、もし万が一でも治る可能性はあるのか、そしてその為にはどうすればよいねかお伺い出来れば幸いです。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
それはかなり厳しい状況ですね。
まず、子宮蓄膿症は確かに手術が必要です。
ですので、手術ができるまで体力を回復させる必要があるでしょう。
やるとすれば入院をして、点滴をしながら抗生剤をしっかり使って、内科的にある程度体力を回復させて、手術に挑むということです。
状態次第ですが、その方法でなんとかなる可能性もありますし、子宮蓄膿症は手術さえできればその後は元気に過ごせる病気です。
なんとかやれることをやってみてもらうといいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご返答ありがとうございます。
1.子宮内膜症と子宮蓄膿症は同じ意味でしょうか?
2.白血球が7倍あると診断されましが、それはどういう症状(意味)なのでしょうか?
3.腹水症状があるため、点滴や抗生剤を使用するにも、あまり水分を与えられない状況かと思いますが、有る程度は必要でしょうか?
4.腹水は状態が良くなれば無くなりますか?
5.子宮内膜症または蓄膿症の手術代金は概ねでいくら位なのでしょうか?
宜しくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
子宮内膜炎は子宮蓄膿症の前段階です。
ただし、白血球がそれだけあがってきているとなると単なる内膜炎ではなく、蓄膿症にまで行っている可能性は高いです。
それから白血球がそれだけ高いというのは体の中の炎症や感染がかなり強いことを示唆します。
そうですね、腹水があるのであれば、点滴はあまりたくさんはできません。
ただし、腹水があっても脱水していることはありますので、脱水がある場合は点滴が必要です。
腹水が溜まる原因によりけりです。
腹水を一部抜いて検査が必要でしょう。
よくなればなくなることも多いですが、原因次第です。
ゴールデンちゃんのような大きなこの手術ですと、入院費と合わせて最低でも10万はするでしょう。
状態が悪ければ、事前の点滴や入院が長くなるのでさらに高くなると思われます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご返答ありがとうございました。
最後にこの現状から行うべく治療について、お伺いさせてください。
1.内膜症や蓄膿症から完治できるケースは多々あるのでしょうか?
2.手術をするまでに体力を回復させるには、もっとも有効な方法は何でしょうか?
3.体力が回復したら白血球の減少や腹水も無くなってくるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
先ほども書きましたが、手術さえうまくいけば完治するものです。
体力を回復させる方法はやはり点滴と抗生剤、それから強制給餌でしょう。
白血球の減少や腹水の原因によりけりです。
これらが子宮蓄膿症からきているのであれば、点滴やお薬でよくなる可能性もありますが、他に要因があれば別になります。
ですので、他に要因がないかどうかはしっかり検査してもらう必要はあるでしょう。

犬 についての関連する質問