JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めまして。 6才のAコッカーなんですが、普段は尻尾を勢い良く振っているのですが 丸めて全然振りません。それにお尻を気にしてなめようとしたり

解決済みの質問:

初めまして。
6才のAコッカーなんですが、普段は尻尾を勢い良く振っているのですが 丸めて全然振りません。それにお尻を気にしてなめようとしたり 座りかたもいつもと違い ゆっくりと座っているように見えます。その座りかたも横座りが多いようです。食欲はありますが いつもの元気はありません。
明らかにいつもと違う感じなんですが、考えられる病気は何ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
issafd3s :

こんばんは。

issafd3s :

ご質問ありがとうございます。

issafd3s :

6歳のビーズちゃんが、おしりを気にするということですね。

issafd3s :

そのおしりを気にする症状はいつから出ているのでしょうか?

issafd3s :

少々お尋ねしたいのですが、歩くのは普通に歩けますでしょうか?

issafd3s :

もう少し詳しく教えていただけますでしょうか?

Customer:

2日ほど前からなんですが、大腿骨の形成不全も患っているのでその薬と痛み止を飲ませたら昨日はいつものように元気にしてましたが今日になってまた症状が

issafd3s :

痛みどめを飲ませたら、症状が一旦改善したということですね。

issafd3s :

その場合はやはり痛みを感じている可能性が高いと思います。

Customer:

出てきました。歩くのは痛がる感じもなく歩いていますが普段とは少しちがうように感じます

issafd3s :

どの部分が痛いのかはやはり触診したり、視診してみませんと、はっきりは分かりませんが、6歳のコッカーということであれば、可能性として考えられるものとしては、

issafd3s :

椎間板疾患、膝蓋骨脱臼、肛門嚢の炎症、などが考えられると思います。

issafd3s :

この中で飼い主様が今見て分かるのは肛門嚢の状態ではないかと思いますが、肛門腺が腫れているということはないでしょうか?

Customer:

肛門線を絞ろうとしたのですが痛いのかさせてくれませんでした。

issafd3s :

とりあえず今この時間帯で飼い主様が出来る対処方法は、なるべく動かさないようにして安静にしておくことです。

issafd3s :

肛門腺では命に関わることはないですし、関節や腰の炎症による痛みの場合は症状がひどくならないためにまずすることは運動制限して安静にすることです。

issafd3s :

そのため、今日のところはこのまま寝かせてあげて明日は必ず病院を受診されることをお勧めいたします。

Customer:

有り難うございました。明日 病院に連れて行きたいと思います。

issafd3s :

そうですね。本日は絶対安静を保ち症状の悪化を防ぐことをお勧めいたします。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問