JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

雑種7歳の雄犬ですが、突然、蛋白漏出性腸炎と診断されました。急激に痩せてしまい、食事はほとんどうけつけません。少しで

質問者の質問

雑種7歳の雄犬ですが、突然、蛋白漏出性腸炎と診断されました。急激に痩せてしまい、食事はほとんどうけつけません。少しでも食べるとすぐに嘔吐してしまい、体力的にも限界の様子。
下痢はしません。食事をとらないので便はしなくなっています。お医者さんから処方された薬もはいてしまいます。何か回復に向かう効果的な治療法があれば教えてください。何とか助けてあげたいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
7歳のワンちゃんが蛋白漏出性腸症と診断されたということですね。
また食欲もないということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
突然とのことですが、それはいつからで、いつ診断された、またいつから治療中なのでしょうか?
検査としては、レントゲン、血液検査、エコー検査をされて、診断をつけたのでしょうか?
一般的には単に蛋白漏出性腸症というだけでは、食欲は低下しないと思いますが、他に合併症はないのでしょうか?
今の治療内容を詳しく教えていただけますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

小さい頃から胃腸が弱く、たまに吐いたりしていましたが、元気でした。

3週間ほど前にどこか元気がなく感じ、病院にいくと血液検査にて、血液中の

たんぱくの数値が異常に低く、危険な状態にあると診断されました。

運動(散歩)などはいけないということで、安静にということでした。

レントゲン、エコー検査はしていましせん。

質問者: 返答済み 2 年 前.

小さい頃から胃腸が弱く、たまに吐いたりしていましたが、元気でした。

3週間ほど前にどこか元気がなく感じ、病院にいくと血液検査にて、血液中の

たんぱくの数値が異常に低く、危険な状態にあると診断されました。

運動(散歩)などはいけないということで、安静にということでした。

レントゲン、エコー検査はしていましせん。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

3週間まえから、元気がないということですね。 検査は血液検査のみされて、蛋白の数値が低いということですね。より具体的には数値はいくらでしょうか? 治療内容は蛋白の流出を抑える薬という以外は分からないということですね?

正直なところ、血液検査をして蛋白の数値が異常に低いというだけで、消化管からの蛋白質の漏出と決めることはできないです。 そのため、診断はまだ付いていない状態だと思います。

血液中の蛋白が低下する原因は消化管以外にも腎臓性、肝臓病など様々あります。 また食欲の低下の原因がどこにあるのかも血液検査だけでははっきりしません。もしかしたら膵炎など消化管以外の内臓の病気が絡んでいる可能性も十分に考えらえます。

そのため、効果的な治療方法のまえにまずはしっかり食欲不振の原因をはっきりさせる必要があると思います。 そのためには、血液検査だけでは足りませんので、胸部と腹部のレントゲン検査、腹部のエコー検査、をされることをお勧めいたします。

またご記入いただきましたワンちゃんの状態からしますと、時間的な経過も3週間と長いですし、体力的にもかなり限界にきている感じがします。 そのため、ご自宅で飼い主様が看護するレベルを超えていると思います。薬も飲めませんし。 このような状況を考えますと、もし入院できるのであれば、入院させてあげて、静脈点滴をするなど体力が落ちないような治療をしつつ検査も同時にしてあげるというのが、状況としては適しているかと思います。

正直検査の結果によってはお腹の中に腫瘍が見つかるなど、有効な治療が無い病気の場合も、十分に考えられますが、まずはしっかりした検査プラス同時並行しての支持療法をされることをお勧めしたいです。

質問者: 返答済み 2 年 前.

有難うございます。

かかりつけ医に再度相談してみます。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
血液検査で、低タンパク血症あったということなのですが、イコール蛋白漏出性腸症とはならないのです。
そのため、低タンパク血症がおきる原因をもう一度精査する必要があると思います。
希望をもってもう一度追加で検査をされることをお勧めいたします。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問