JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

家の犬のことですが、ソファーから降りたときにギャンと痛そうな声を出して、その何日後におやつをあげていた時に突然またギ

解決済みの質問:

家の犬のことですが、ソファーから降りたときにギャンと痛そうな声を出して、その何日後におやつをあげていた時に突然またギャンギャンギャンと歩き回ったので、どこか痛いのだと思い病院に連れていきいろいろ見ましたが、わかりませんでした。レントゲンはとっていません。サプリメントをもらって帰ってきました。その後ハーネスをしたらまたギャンと言ったので、どこか痛いのではないかと思うので、病院に連れて行こうと思いますが、病院で何をお願いしたらいいのでしょうか?日常では普通です。
御飯もよく食べ、走り回ったりも普通にします。ただ今までのれていたソファやベッドをのらなくなりました。
チワワ3歳です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
3歳のチワワちゃんで、何処かわからないが体のどこかを痛がるのではないかということですね。
少々お尋ねしますが、
サプリメントは何日位飲ませたでしょうか?
前回病院ではいろいろ見たとのことですが、椎間板疾患の可能性などはないということでしたでしょうか?
また膝の状態も問題ないということでしょうか?
レントゲン検査はしていないということですが、サプリを飲んでも症状が改善しない場合は検査をする予定なのでしょうか?
飼い主様が触ってみてここを触ると痛がるのではないかという場所はありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返答をいただいたのですが、続きが開けないので、この場で失礼いたします。

サプリメントは2週間のませました。病院では犬の体を触って動きを見たり手や足の動きをみたりしましたが、犬も痛がらないしとりあえず2週間サプリメントを飲ませてみましょうとのことでした。ただ痛がっていたのたから、理由はあるだろうとの事でした。どこが痛いのか分からなく、考えられることはないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
2週間サプリを飲ませても症状の改善がないということですね。
一般的にはこのような痛みの場所が分からないという場合は、サプリや消炎剤を飲ませてあげつつ、運動制限(ケージレスト)をしてなるべく動かさないようにして症状の改善があるかを調べる必要があるかと思います。
飼い主様の文章にご記入されているとおりに、普通に歩くことができるが、ソファやベッドにジャンプできなくなったという場合には、一般的には、年齢を考慮しますと、腰のあたりの椎間板ヘルニアや首の根元の環椎軸椎不安定症、また可能性は低いですが膝関節の膝蓋骨脱臼、あたりが可能性としては考えられるのではないかと思います。
またまれに自己免疫疾患からくる多発性関節炎や多発性筋炎などがあり、どこが痛いのかよく分からない場合があります。
病院を受診されてそこで何をお願いすればよいか分からないということですが、
まずはしっかり体重と体温(平熱38-39.3℃)測定していただき特に発熱していないかを調べる、神経学的検査をして麻痺がないかや膝蓋骨の脱臼はないかなど調べること、レントゲン検査をして首の付け根の環椎と軸椎の形の異常の有無や背骨に異常がないかを調べること、血液検査にて一般的な項目以外にCK(筋肉細胞のダメージの際上昇する場合がある)やASTの測定やCRP(急性炎症のマーカー)の測定をすること、をお勧めいたします。
どこにあるか分からないような痛みの可能性の場合にはこのようにしていろいろな病気の可能性を考えてある程度スクリーニング検査をしていただき、異常があるところを拾い上げていくことが必要になります。
レントゲン検査や血液検査はデータとして客観的に出てきますが、神経学的検査などはある程度熟練を要するところもあります。
一通りの検査をしていただいてもやはり異常が見つけられない場合には、より専門性の高い二次診療病院(例えば大学病院や民間の二次診療専門病院)を主治医の先生に紹介していただき神経科を受診されることをお勧めいたします。
飼主様としてワンちゃんの管理上できることは、とにかく痛みを感じている可能性は高い訳ですから、なるべく安静にして運動制限をしていただくことが重要です。炎症性の痛みにせよ神経性疼痛にしてもサプリをいくら飲んでも安静にしていませんと痛みは引きませんので、その点をご注意されることをお勧めいたします。より具体的には散歩は先生の許可が出るまで中止することやなるべく狭い部屋に入れてあげて行動範囲を狭めて運動制限をすること、遊びなども中止すること、をしていただくことをお勧めいたします。
後は検査をしっかりされることと、一次診療の先生では診断がつかない場合には、先生に紹介していただき二次診療の病院を受診されてみられるとよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問