JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳のミニチュアダックス(雄)のことでお伺いいたします。 クッシング症候群の疑いがあり、ホルモン検査を今までに2

解決済みの質問:

11歳のミニチュアダックス(雄)のことでお伺いいたします。
クッシング症候群の疑いがあり、ホルモン検査を今までに2回受け、いずれも基準値わずかに上回る位で、経過観察となっています。
検査名と結果の数値の記憶があいまいなのですが、確か基準値が21までのところ、21.1というような感じです(すみません、単位が分かりません)。
他に気になる症状として、ALPが1500超え、GPTやGOT,γ-GT,TGが高値、好酸球が0、好中球が高値、胆嚢の大きさが5.7mmほどです。
胆泥症のお薬は服用していますが、ALPなどの数値の改善が見られません。
そこで、クッシングのお薬を使ってみたら改ざんが期待できるのでは?
と思ってしまうのですが、上記のようにクッシングの確定診断となっていない場合は
投薬はするものではないのでしょうか?
それとも、疑いでも試してみる価値はあるのでしょうか?
もしよければ、今度病院で処方をお願いしてみたいのですが。
脱毛や元気のなさが目立ってきてとても心配です。
よろしくお願いいたしいます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
確かにその数値は極めて微妙な数値ですね。
おそらくACTH刺激試験でホルモンを検査してもらっているものと思います。
低用量デキサメサゾン試験というのはされていませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答どうもありがとうございました。

行った検査は、1種類のみです。

1回目の採血後に注射をし、1時間半後に2回目の採血をする

という内容のものですので、ACTH刺激試験でホルモン検査かと思います。

低用量デキサメサゾン試験は受けていません。

こちらの検査もお願いした方が良いでしょうか。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですね、そちらでもグレーで出る可能性もありますが、そちらも見てみたほうがいいかと思います。
それからクッシング症候群のお薬は少し強めのお薬ですので、あまり微妙な段階では使わないことが多いです。
何か現在症状は出ているのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

気になる症状は、下記のようなものです。

・昔から毛が薄く、ここ数年は特に腹部の毛が産毛程度で、皮膚が薄い。

・皮膚が少しぺたぺたする。

・寝ていることが多い。

・先週、繰り返し嘔吐した(今までは滅多にない)

・ここ数日、甘えるようなしぐさや、落ち着かない感じ。ふせのまま固まって涙目になり、調子が悪そう。

先日、嘔吐に対する胃薬と消化薬を貰って服用中です。

それ以降嘔吐はしていませんが、元気がない感じです。

様子がさらにおかしくなれば早めに受診しますが、

次の受診は1週間後です。

高脂血症や胆泥症もあるので、その大元はクッシングなのでは?ととても不安です。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そういうことですね。
確かにかなり怪しいですね。
それであれば確かに少し使ってみてもいいかもしれません。
ただし、間隔を短めに血液検査をして、副腎皮質機能低下症になっていないことを確かめる必要があります。
まずは低用量デキサメサゾン抑制試験からかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

やはり怪しいところのようですね。

ウルソやネオファーゲン服用しても全くALPが下がらないので困ってしまいます。

より詳しい低用量デキサメサゾン抑制試験が受けられるかどうか

今度伺ってみようと思います。

ちなみに、検査は早急に受けた方が良いでしょうか?

それとも、多少の猶予はありますでしょうか?

度々すみませんがよろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
調子が上がってきていないのであれば様子を見る意味がありませんので、できれば早めの検査をしてもらったほうがいいでしょう。
ALPのみであればしばらく様子を見てもいいですが、やはり臨床症状があるのであれば早めに検査をしてもらったほうがいいでしょう
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

分かりました。

今度の診察時に詳しい検査をお願いしてみようと思います。

夜遅くにどうもありがとうございました。

また不安な時はよろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、またご質問してください。
お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問