JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳オスのトイプードルです。 10/20尿もれや失禁があり、近頃、多飲、多尿気味なのが気になっていたので、 10/21受診。血糖値430

解決済みの質問:

10歳オスのトイプードルです。
10/20尿もれや失禁があり、近頃、多飲、多尿気味なのが気になっていたので、
10/21受診。血糖値430 尿糖++ 尿ケトン− エコーで膵臓全体が腫れ炎症がみられるということでした。周囲のリンパも腫れているそうです。クッシングは否定されました。糖尿病という診断でした。この日の夕から糖コントロール食が開始になりました。10/27 から入院しインスリン注射導入予定です。
治療食は、7割摂取していました。昨日まで元気でしたが
10/26朝、朝食前から嘔吐を数回し、ぐったりしています。9:00頃に遊び元気が出てきたため、朝食を半量にしたところ摂取できましたが、また元気が無くなりました。朝以降は吐いてはいません。
明日、病院受診するまで経過観察だけで大丈夫でしょうか。また、何か気をつけることはありますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
issafd3s :

おはようございます。

issafd3s :

10歳の犬のアンジちゃんが血糖値が高くて糖尿病ということですね。

Customer: そうです。
issafd3s :

少々お尋ねしたいのですが、膵炎はないということでしょうか?

issafd3s :

血液検査にて犬膵特異的リパーゼを測定するなどはされていませんでしょうか?

issafd3s :

また今現在何かお薬は飲んでいますでしょうか?

issafd3s :

お水は飲めていますでしょうか?

Customer: 膵炎かも、と言われています。
Customer: リパーゼ、アミラーゼは正常値でした。
Customer: 現在内服薬は無し。
Customer: 水は、飲んでいます。
issafd3s :

分かりました。ありがとうございます。

issafd3s :

正直血糖値が430というのは相当高いと思います。

issafd3s :

血糖値が上昇しすぎますと、悪心が出て、吐き気がでます。

issafd3s :

犬の場合はだいたい血糖値が180以上になると尿糖がでますので、430という数値は相当高いことになります。

issafd3s :

本来であれば、早めにインスリンによる治療をしていただきたいところです。

issafd3s :

もし元気が普段の半分以下の状態であれば、明日まで待たないで病院を受診されて、血糖値が上がりすぎていないか調べる、あるいは皮下点滴をして血糖値を下げる、などされることをお勧めいたします。

Customer: 日曜日は休診ですが、日曜日診療をしている病院を探した方がよいでしょうか。
Customer: 元気は…半分と言われると微妙です。
issafd3s :

本日はかかりつけが休診日ということですね。

Customer: ケトアシドーシスになるということですか?
Customer: そうです。かかりつけが休診です。
issafd3s :

糖尿病をコントロールできていない状態で、心配なのは、血糖値の上昇によって脱水症状がひどくなることや、たしかにケトンでることも気になります。

issafd3s :

皮下点滴をするだけでも血糖値が下がるため、多少は気分が良くなると思います。

issafd3s :

また21日にケトンマイナスということですが、その後食事療法のみで症状が改善するとは思えませんので、現時点でケトンが出ていないとは限りません。

issafd3s :

ワンちゃんの病気のことを考えますと、ご心配であれば、明日まで待つよりは、本日どこか受診されて、事情を説明していただき、明日ケトンが出ていないかどうかや、血糖値の異常な上昇がないか、脱水症状は酷くないか、などを先生に診ていただく方が安心ではないかと思います。

Customer: ありがとうございます。
Customer: どこか病院を探してみようと思います。
issafd3s :

治療としては皮下点滴やガスターなどの制酸剤による対症療法をするだけでも、ワンちゃんとしては楽になると思いますし、もし万が一ケトンがでているということであれば、これ以上悪化させないために、今すぐにでもインスリン治療を始める方がよろしいかと思います。

issafd3s :

皮下点滴をするだけでも血糖値を下げる効果はありますので、高血糖で気持ち悪いという場合はかなり楽になると思います。

issafd3s :

食事を食べると元気がなくなるということであれば、血糖値がかなり上昇している可能性があるため、もし本日受診されないという場合は、本日は水は自由に飲めるようにしてあげて、食事は無理に与える必要はないと思います。

issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。

犬 についての関連する質問