JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の犬(柴・メス・4歳・避妊手術すみ・生後3か月から飼育)についてお尋ねします。 歩くと時々前足が引っかか

解決済みの質問:

我が家の犬(柴・メス・4歳・避妊手術すみ・生後3か月から飼育)についてお尋ねします。
歩くと時々前足が引っかかるような(爪が地面にこすれる?)状態がありましたが、
食欲・排便などに異常が見られることはありませんでした。
ところが、最近になり突発的に1時間ほどの不安症状(常に撫でてほしい、舌をだしてハァハァ&ウロウロ、横にならない、後肢から全身の震え、不適切な場所での排泄、最悪の場合は窓破壊→脱走など)が続く日があり、ネットで調べたところ甲状腺、又は副甲状腺の異常に該当するのではと思いました。
先ずお尋ねしたいことは2点ありまして、
・上記疾患の診断は、どこの獣医さんでも可能でしょうか?(名古屋市近郊在住)
→大きい病院じゃないと無理とか、○○検査に対応していないとできないとか。
・上記のような不安症状や前足が引っかかる動きで他に思い当たる疾患はありますでしょうか?
です。
ご回答いただければ幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

こんばんわ

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

それはご心配ですね。

japavet :

まず、そのような症状で、あまり甲状腺や副甲状腺の異常というのは多くはないです。

japavet :

それよりは脳神経の異常や代謝異常などが考えられます。

japavet :

もし脳神経の異常があるのであれば、脳神経の専門病院へ行かないとわからないこともあります。

japavet :

一般的にはまずは通常の病院へ行き、神経学的検査や血液検査などをしてもらい、

japavet :

脳の異常がありそうであればMRIなどの検査に進むということが多いです

Customer:

早速のご回答ありがとうございます。

Customer:

神経学的検査とは、初耳でした。

Customer:

その辺りからのアプローチが必要なのですね。

Customer:

早速、対応可能な獣医さんを探してみます。

japavet :

そうですね、基本的にはそのあたりはどこの病院でもできるかと思います。

Customer:

今まで、通院したのは「整形外科(関節系列が得意)」「皮膚疾患が得意(漢方中心)」「古くからある人気の病院」

Customer:

だったので、まずはそこで相談してみるのがよさそうですね。

japavet :

そうですね。

japavet :

基本的にMRIのあるような二次病院はかかりつけからの照会が必要です。

japavet :

まずはかかりつけの病院で調べれるところまで調べてもらってください

Customer:

ちなみに愛犬ツキは只今落ち着いてグースカ寝てますww

Customer:

はい、了解しました。

japavet :

あまり飼い主さんの心配をわかってはいないようですね(笑)

japavet :

原因がわかって治療してもらえるといいですね。

Customer:

他の病院と連携がしっかりしているところが良さそうですね。お話を伺っていると

Customer:

もともと豆腐メンタルな犬なので、まずは飼い主が落ち着きを持たないとですね!

Customer:

ありがとうございました。

japavet :

はい、お大事にどうぞ。

Customer:

診察結果をふまえて、またご相談にあがるかもですが、今夜はこれにて失礼いたします。

japavet :

はい、お大事にどうぞ。

japavet :

またご質問お待ちしております。

japavet :

できれば評価のほうしていただけると幸いです

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問