JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳オスのチベタンスパニエルです。2か月ほど前から足の先端を噛み始め、両足の肉球の毛が抜け、肌が赤くなり、そこから

解決済みの質問:

10歳オスのチベタンスパニエルです。2か月ほど前から足の先端を噛み始め、両足の肉球の毛が抜け、肌が赤くなり、そこから足の付け根に向かってどんどん掻き始め、毛も抜けてしまいました。病院の検査では虫や細菌ではないとのことで、原因がわからず、薬用シャンプーで様子を見ていますが、改善していません。今は胸の方まで掻いていて、毛も抜け、肌が真っ赤になっている範囲も広がっています。掻きむしるところに、病院から処方された、かゆみ止めのリンデロンVGローションを塗っていましたが、少し経つとまたすぐに掻き出してしまうので、今は使っていません。どうしたらいいでしょうか。よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

こんばんわ。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

皮膚の検査は何介されましたか?

japavet :

また、飲み薬は使われたことはないですか?

Customer:

ご連絡ありがとうございます。検査は2回しました。少しだけ菌が多いような感じとのことで、抗菌の飲み薬を1週間×2回飲ませましたが、改善しませんでした。

japavet :

返信ありがとうございます。

japavet :

その年齢で、急にそういう症状が出てくるときに、足先からということも考えると

japavet :

毛包虫症が疑われます。

japavet :

毛包虫症は何度か検査をしてみないと出てこないことも多く、軽く皮膚をこすったくらいでは検出できないこともあります。

japavet :

それから、それ以外にはアトピーやアレルギーも疑われます。

japavet :

アトピーは基本的には3歳くらいまでに初発の症状が起こりますが、お歳をとってから出てくる子もいます。

japavet :

アトピーやアレルギーであれば内服のステロイド剤などの免疫抑制剤を使わないと良くならない可能性が高いですが、

japavet :

毛包虫症がある場合は悪化することがあります。

japavet :

まずは、再度しっかり検査をしてもらってやはり寄生虫などが見つからないのであればステロイド剤の内服を試験的に使ってもらう必要があるでしょう。

japavet :

動物の塗り薬に関しては、毛があることと舐めてしまうことから、広範囲の皮膚病にはあまり有効でないことが多いです。

Customer:

ありがとうございます。寄生虫で、このような広範囲の症状になるのですか?

japavet :

なります。

japavet :

ただし、通常は寄生虫が広がってしまうような基礎疾患が存在していることが多いです。

Customer:

基礎疾患とは何でしょうか?

japavet :

もし、毛包虫が見つかった場合は副腎や甲状腺などのホルモンの異常や、内臓の腫瘍など、全身疾患が隠れていることがあるので、必ずその検査も一緒にしてもらってください

Customer:

検査ですが、毛を抜いて毛根を顕微鏡で見るのと、肌のところをこすって見ていただきましたが、同じ検査でいいのでしょうか。

japavet :

どちらも再度行ってもらうのと、肌のところをする検査はできれば鋭匙と呼ばれるもので、血が出るくらいまでこすってもらってください

Customer:

もし寄生虫だとしたら、他の犬にうつりますか?2匹飼っていて、もう一匹も足先をよくかじっています。それから、もし寄生虫で、このまま何もしないでいたら、もっと痒みが広がっていくのでしょうか?治療は飲み薬になるのでしょうか?

japavet :

まず、毛包虫症は感染症ですが、強い虫ではないので、移ることはないといわれています。

japavet :

かなりのワンちゃんが持っていて、免疫が落ちてきたら発症するといわれています。

japavet :

ですので、移る心配はいらないでしょう

japavet :

それからもちろん治療しなければ広がりますし、皮膚がかなり悪化して、そこから細菌感染などを起こして、どんどん状態が悪くなります。

japavet :

治療は飲み薬と外用薬になります。

Customer:

わかりました。細やかにどうもありがとうございました。

japavet :

はい、お大事にしてください。

japavet :

皮膚病はあまり命にかかわらないですが、時に治療が困難になることも洗います。

japavet :

今の病院で、治療に限界を感じたら、セカンドオピニオンを受けられることも考えてみたほうがいい顔しれません

Customer:

すみません。もうひとつだけ。免疫力を上げるサプリメントなどで改善は難しいでしょうか?

japavet :

正直難しいです。

japavet :

まずは病気を特定すること

japavet :

そしてそれに対する治療をしっかりすることです。

japavet :

サプリメントはあくまでサプリメントなので、治療の補助と考えてもあったほうがいいでしょう。

Customer:

そうですか。わかりました。本当にありがとうございました。

japavet :

はい、お大事にどうぞ

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問