JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳、ラブラドールレトリーバの雄です。 昨日の夜、急に元気がなくなり、すぐには立ち上がれない状況です。足腰でも痛

解決済みの質問:

11歳、ラブラドールレトリーバの雄です。
昨日の夜、急に元気がなくなり、すぐには立ち上がれない状況です。足腰でも痛いのかと疑いますが、特別何かをしたわけでもありません。
顔を横にしてからだを伸ばしてねることが痛くてできないようです。
夜も寝ていません。いったい何がおきているのでしょうか?
ちなみに、その数日前に、よだれが止まらない時はありました。
食欲もあり、便も特に変わったことはありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
japavet : こんにちわ
japavet : ご質問ありがとうございます
japavet : それは審査
japavet : それは心配ですね
japavet : 少しお伺いしますが、首から腰、尾の付け根まで背骨を触ってどこか嫌がるところはないですか?
Customer:

今、触っても大丈夫ですが、昨晩背中に触れたときは、痛いのか鳴き声をだしました。

Customer:

ちなみに昨夜は階段はまったく上がれなかったのですが、今朝は階段の上り下りはどうにかできます。

japavet : そうですか。
Customer:

肛門をふく動作のときに、尻尾で肛門を隠そうとする仕草は、初めてです。関係ない情報かもしれませんが。

japavet : そうなると、椎間板ヘルニアや
japavet : 馬尾症候群などの背骨の異常が一番可能性が高いでしょう
japavet : それらの病気は自然に少しずつ治るケースもあれば逆にじょじょにあっかすることもあります
japavet : それ以外には、腹腔内腫瘍の痛み、脳神経異常(脳炎や脳腫瘍)の可能性もあります
japavet : ヘルニアや馬尾症候群は命に関わるものではありませんが、その他は命に関わることがあります。
japavet : できれば今日病院へ行ってみてもらっておくことをお勧めします
japavet : 尾が上げるのを嫌がるのならば、馬尾症候群の可能性は高いでしょう
japavet : その場合は痛み止めやしょうえんざいをつかいます
Customer:

とぼとぼと歩けたら、その状態で獣医さんの所へ行っても大丈夫ですか?

Customer:

馬尾症候群について少し教えてもらえたらうれしいです。

japavet : 馬尾症候群はお尻の付け根にある神経の圧迫による痛みや麻痺の病気です
japavet : 大型犬の高齢の子にはかなり多い病気です
japavet : レントゲンで腰椎に異常が出てくることが多く、レントゲンで診断できることが多いです
japavet : 治療は先程書いた通りです
japavet : できればあまり歩かせないほうがいいですが、段差を避けてもらって病院へゆっくり行ってください
Customer:

わかりました。ありがとうございました。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問