JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

3日前の水曜日に愛犬を亡くしました。 長文になりますが宜しくお願いします。 9歳の未去勢ポメラニアン♂です。

質問者の質問

3日前の水曜日に愛犬を亡くしました。
長文になりますが宜しくお願いします。
9歳の未去勢ポメラニアン♂です。
幼少時より胸部をベコベコへこませながら口を閉じて苦しそうにアヒルのような音を出す症状があり、去勢手術は見送り、昨年からは心肥大と気管支狭窄の為投薬治療を行っていました。
日曜日から便秘になり、散歩中に何度もいきみますが排便なく、月曜日からは水分しかとらなくなったため、火曜日の夜にかかりつけの病院へ連れて行きました。
そこでレントゲンをとり、骨盤までは便がたまっているが、肛門付近に降りてきていないため届くかどうかといいながら摘便をしてくれましたが、やはり便には触れず。
その際に会陰ヘルニアだと告げられ、尻尾の左側に硬い部分があると伝えると押し戻してくれました。
しかしその直後に痙攣し失禁、舌を真っ青にしながら粘度の高い泡を嘔吐し始めました。
ステロイドと気管支拡張剤を注射し、ソリターの点滴をしてくれましたが、興奮状態で心臓も悪くこれ以上の処置はできないと言われ状態も少し落ち着いたので帰ることにしました。
車に乗り走り出すと痙攣しながら排便、冷静な運転ができないためとりあえず自宅に連れ帰りましたが、その後も痙攣と泡の嘔吐を繰り返すので病院へ電話すると低血糖かもしれないと言われました。
砂糖水で口をしめらせてあげながら様子を見ていましたが、夜中には痙攣はしないものの水を飲めば噴水のように吐いてしまい、体にも力を入れて横になったり座ったりしながら小刻みに震えていて、時折眼振も認めました。
明け方ごろにはスプーンひと匙の砂糖水を飲むようになりましたが、その後四肢を硬直させ呼吸が荒くなり、水曜日の10時過ぎに息を引き取りました。
月曜日も火曜日も仕事から帰ってきたら口の端に泡をつけていたな、先月一度だけきゅうりを食べたあと「プルルル」を変な声を出しながら頭を振っていたな、便秘になってからやたら甘えてきたななど、何かの病気が隠れていてあの子の寿命だったのではと思う反面、死因が分からないため先生が会陰ヘルニアを戻す際に失敗し臓器に重大な損傷が生じたのではという思いが頭から離れません。
また、せめて小康状態になってから他の病院へ連れて行き、手術が無理でも痛みどめでもいいから打ってもらえば苦しむ時間が減ったのでは、私が殺したようなものではと後悔ばかりです。
我が家の愛犬の死因は医療ミスではないのでしょうか?
どうか回答をお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
Customer:

こんばんは。

Customer:

9歳のポメラニアンのワンちゃんを10月8日にお亡くしになられたということですね?

Customer:

持病は心臓拡大で僧房弁閉鎖不全症?と気管支狭窄?あるいは気管虚脱でしょうか?があり、治療中だったということですね?

Customer:

そして日曜日から便秘になって、火曜日に受診、そこで会陰ヘルニアで便が出しづらいのだ、と診断されたということですね?

Customer:

特に麻酔や鎮静の処置はしないで、便を肛門から指を入れて掻きだしたということでしょうか?

Customer:

そしたら、タイミング的にその直後に失神したかてんかん様発作をおこして倒れたということでしょうか?

Customer:

その後症状は治まったので自宅に帰ったが、残念ながら水曜日には息を引き取られたということですね?

Customer:

できれば、火曜日に容態が急変した時に血液検査をしていただいたほうが良かったと思います。

Customer:

ご記入いただきました文章からだけですと、火曜日の処置後の痙攣はてんかん様発作あるいは失神の類ではないかと思います。

Customer:

そうであれば、心臓の不整脈の有無を聴診や心電図でしらべたり、血液検査にて低血糖、低カルシウム、高アンモニア血症、電解質の異常、などがないかどうかを調べるとよろしかったのではないかと思います。

Customer:

もしかしたら、処置による痛みなどがもともとある発作をその場で誘発した可能性はあるかもしれませんが、ご記入いただきました文章のみからは医療ミスの可能性は考えにくいと思います。

Customer:

しいていえば、痙攣など神経症状が止まらなければやはり、病院を受診されて抗痙攣薬を注射していただき治療することをされるとよろしかったかなと思います。

Customer:

ただし、それで発作の症状がおさまっても、また繰り返し発作がおきるかもしれませんし、上手にコントロールできるかどうかは、治療してみませんと分かりません。

Customer:

急なことで、大変残念なことですが、ワンちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

犬 についての関連する質問