JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

元気はありますが、後ろ足が立ちません 12才のミニチュアダックスフンドです。 どうしたらいあですか

解決済みの質問:

元気はありますが、後ろ足が立ちません
12才のミニチュアダックスフンドです。
どうしたらいあですか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
Customer: こんばんわ。
Customer: ご質問ありがとうございます。
Customer: ダックスちゃんでその症状ですと、圧倒的に椎間板ヘルニアが多いです。
Customer: いつからですか?
Customer: 足は動かすことはできますか?
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
へんしんいただけませんので、先に回答させていただきます。
最初に書いた通り、椎間板ヘルニアが圧倒的に多いです。
この病気は重症度によって、外科治療(手術)と内科治療のどちらかを選択することになります。
もしまったく足が動かず足の感覚もない場合は、重症度が高く、早く手術をする必要があります。
その場合は、初期治療が非常に重要になるので、今すぐにでも見てもらえる病院を探してください。
足が動くけれども弱いという程度であればとにかく安静にして明日病院で診てもらってください。
確定診断にはCTやMRIが必要ですが、通常はレントゲンと身体検査、神経学的検査で臨床診断を付けて治療していくことが多いです。
重症度の高くないものであれば内科的な治療でよくなってくれることが大部分です。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ていて返信出来ず申し訳ありませんでした。

救急で見てもらえるところを見つけたで

診察してもらいました。


今回の先生のご意見と全く同じ様なお話があり炎症止めの注射をしていただき帰ってきました。

痛覚はあり、右足だけが麻痺しているようです。出来れば内科的なほうほうでなおしてやりたいのですが、やはり手術した方が良いのでしょうか…

しゆ

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
完全麻痺でなければまずは2,3日注射への反応を見てみていいでしょう。
とにかく安静を保って、2,3日お薬で診てもらってください。

犬 についての関連する質問