JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳のケアーンズテリアですが、一ヶ月前から乾いた咳のあと、ゲーと吐くような仕草をして苦しそうです。回数は日によって

質問者の質問

12歳のケアーンズテリアですが、一ヶ月前から乾いた咳のあと、ゲーと吐くような仕草をして苦しそうです。回数は日によってまちまち。時間帯や気温も関係ないようです。
医者で診て貰いレントゲンも撮りましたが異常なし。
風邪薬を貰い飲ませましたが一向に収まりません。 食欲はあります。 どのような病気でしょうか?
治療はどのようにすればよろしいでしょうか?
散歩嫌いで全く外には出ません。家の庭で排便排尿をしています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
Customer:

こんにちは。

Customer:

12歳のワンちゃんが1か月前から咳をするということですね?

Customer:

病院での検査はレントゲン検査をされたということですね?

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

そうです。

Customer:

少々お尋ねしますが、咳以外には食欲、元気さ加減、排便、排尿は異常ないでしょうか?

Customer:

また病院ではお熱は何度位でしたでしょうか?

Customer:

レントゲン検査は吸気時と呼気時の両方を撮ってみて明らかな異常は分からなかったということでしょうか?

Customer:

血液検査など他の検査はされていませんでしょうか?

Customer:

心臓が悪いということはないでしょうか?

Customer:

聴診で心雑音はないでしょうか?

Customer:

風邪薬とは抗生剤かなにかでしょうか?どの位の間服用されましたでしょうか?

Customer:

一般的にはワンちゃんで咳が出る場合、呼吸器疾患、心疾患、などが考えられます。

Customer:

心臓に関しては聴診にて心雑音が無い場合は、咳の原因になる可能性は低いと思います。

Customer:

心疾患が除外できた場合は、呼吸器疾患の可能性が高いと思いますが、できればレントゲン検査の場合は吸気と呼気の2相で撮られることをお勧めいたします。

Customer:

また炎症の有無を調べるために、血液検査も同時にされるとよろしいかと思います。特に白血球数やその分類、CRPという炎症マーカーを測定されることをお勧めいたします。

Customer:

またレントゲン画像の読影は他の専門の先生が診るとまた違った見解が出てくると思いますので、画像診断サービスにレントゲン画像を送ってみて読影依頼をされるのも方法の1つだと思います。

Customer:

候補としてはスカイベッツなどがありますので、主治医の先生にお願いしてみてはいかがでしょうか?

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

食欲はあります。排便排尿は今までと変わりません。 診察時は平熱。 レントゲンの吸気呼気状態は不明。血液検査五月時点で異常なし。今回はやってません。


Customer:

一般的には感染症の治療として抗生剤や気管気管支拡張剤などを使用して効果がない場合は、消炎効果のあるステロイドを試験的に使用するのもよろしいかと思います。

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

食欲はあり、元気さは変わりません。 診察時は平熱。 レントゲン呼気吸気状態は分かりません。

Customer:

症状からしまして、心臓の可能性がないのであれば、呼吸器疾患の可能性が高いのではないかと思います。

Customer:

レントゲン検査は吸気と呼気でしっかり撮っていただき、血液検査もされることをお勧めいたします。

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

食欲はあります。元気さも変わらず。レントゲンの呼気吸気状態は分かりません。


Customer:

感染症以外にも高齢になりますと、気管虚脱や気管支拡張症など加齢に伴う気管や気管支の異常が出てくる場合があります。

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

食欲はあります。元気さもかわらず。熱は診察時平熱。レントゲンのこ

Customer:

そのため、抗生剤で効果がない場合は、気管気管支拡張剤や、炎症を取る薬としてステロイドを使用することも方法の1つだと思います。

Customer:

5月の時点での血液検査の結果は今回は使えませんので、残念ですが、咳が出てからの検査として再度血液検査もされることをお勧めいたします。

Customer:

まだまだ特定の病気を考えられる程までに十分に検査がされている訳ではないようですので、まずはもう少し追加で検査をされてみることをお勧めいたします。

Customer:

レントゲンにつきましても吸気と呼気で撮ってもらっているか主治医の先生に確認されてみて、もし撮っていない場合には、もう一度撮ってもらうことをお勧めいたします。

Customer:

それで異常がないように見えても他の先生に念のために読影を依頼していただくことをお勧めいたします。

Customer:

病気の原因が分かりませんと、適切な治療が受けられませんので、ある程度は検査をしっかりされることをお勧めいたします。

JACUSTOMER-qnisc2e5- :

食欲はあります。元気さも普通。排便排尿も変わりません。診察時の熱は平熱。レントゲンの呼気吸気状態は分かりません。血液検査は今回やってませんが、五月の時点では異常なし。

心臓は少し肥大気味。聴診での雑音は聞いてません。薬は七日間飲ませましたが、抗生剤かどうか分かりません。

Customer:

分かりました。

Customer:

回答を書きましたので、一度ご確認のほどお願いいたします。

Customer:

それで、ご不明の点がございましたら、またご質問をご記入お願いいたします。

犬 についての関連する質問