JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5270
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

犬の後ろ足がふらふらで立てない

解決済みの質問:

犬の後ろ足がふらふらで立てない
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
年齢や性別、避妊去勢の有無
体重 犬種
相談したいことを教えてください
質問者: 返答済み 2 年 前.

年齢6歳 オス 去勢すみ 体重4.5キロ チワワ

おしりを静かにおさえると4足で不安定だか3分程度立てる

レントゲンでは骨折が見当たらない

痛がらない

食欲はある

小便・大便はすわりながらできる歩行は前足リードで後ろ足はお座り状態で引きずる。

病名は

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
症状が出たのは何時頃からですか?
少しずつ悪化した感じですか?突然に症状が出てきましたか?
何か治療はしましたか?飲んだり注射した薬があれば教えてください
意識ははっきりとしていますか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

5日前

突然出たと思います

治療は錠剤の痛み止めのみで餌に粉末にして食べさせました

意識は最初からはっきりしています。触っても痛がりません

吠えることもできます。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられる病気としては
①椎間板ヘルニア
背骨の間にあるクッションの役割をする椎間板から椎間板物質が飛び出して
背骨の中を走っている脊髄を圧迫したので、後ろ足が麻痺している
②脊髄梗塞
脳梗塞同様に脊髄内の血管が詰まって、神経障害が出ている。
軽度の場合には数週間で回復します。重度の場合にはステロイドなどの消炎剤が必要でしょう
③脊髄炎
炎症性髄膜脊髄脳炎(GME)はチワワなどの小型犬によくみられる原因不明ですが
おそらく免疫異常が原因で生じていると考えられる脊髄炎が生じている
④脊髄腫瘍
などが主な原因として考えられます
診断には神経学的検査やMRI検査が必要です
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
①や④の場合には手術や抗がん剤、外科手術などが考えられます
②や③の場合には内科治療があります
まずは大学などのMRI検査機器をもっている所で検査をしてもらいましょう

犬 についての関連する質問