JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

2014年7月7日生まれのプードルをブリーダーさんから譲っていただきました。 最初の2,3日は症状は無かったの

質問者の質問

2014年7月7日生まれのプードルをブリーダーさんから譲っていただきました。
最初の2,3日は症状は無かったのですが、4日目辺りから、何も触ったりもしていないのに急に「キャインキャイン」言っておしっこを漏らしたのです。それは一瞬でその後は何もなかったかのように元気になります。それが一日に数回有ります。
食欲も有りますし下痢もしていません。心配なのですぐにブリーダーさんに預かってもらい、掛かり付けの先生に見てもらったところ、レントゲンにも異常は見つからないし、もちろんパテラも異常なし。先生の見解は筋か筋肉を痛めたのでは無いかということで、消炎剤のお薬をもらって飲ませてもらっています。
今現在もブリーダーさんに預かってもらっているのですが、もうかれこれ3週間が経とうとしています。いまだにまだキャインキャイン言う時があるようです。
本当に筋か筋肉を痛めただけなのなら、日にち薬で治るのでしょうけど、何か他に重大な疾患は考えられませんでしょうか。
普段が元気なだけに、全く原因がわからなくてブリーダーさんも首を傾げています。
こういう症状で思い当たる病気とか有りませんでしょうか。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
考えられる病気としては
①環軸椎不安定症による脊髄障害で痛みが出ているのでしょう。
トイ種の犬に多い病気ですが、首の第一頸椎と第二頸椎の間が不安定になっているために
骨がずれて、その時に首に痛みが出る
②後頭骨形成不全による脊髄空洞症という脊髄神経が後頭骨の奇形により
脊髄神経に脳脊髄液が溜まりすぎて神経を圧迫するので痛みが生じている
③水頭症①や②が原因で脳内に脳脊髄液が溜まりすぎて、水頭症になって
その影響で脳が圧迫されて痛みが生じている
が考えられます。
一般開業の先生では診断が難しい病気ですし、診断にはMRI検査が必要です。
大学やMRI検査機器を持つ病院で検査をしましょう
①の場合には手術で第一頸椎と第二頸椎を固定して、痛みが出無くなるようにする
②や③の場合には薬で痛みや隋液産生を抑えるあるいは手術でシャントチューブという
過剰な脳脊髄液を排出するためのチューブを脳や脊髄に設置するのが治療になるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
早速のご回答ありがとうございました。
これらの病気は先天性と考えられますでしょうか。
うちには先住犬が居まして(10ヶ月のトイプードル)2匹をほんの短時間、5分も遊ばせていないのですが、ご挨拶程度に会わせて、すぐにケージに戻して後は構わないようにしていたのですが、とてもこの事が原因とは思われないのです。骨がずれるほどの激しい遊び方はもちろんさせていませんし、ほぼ24時間ケージの中に居てもらいましたから、本当に突然で何が何だかわからないまま、迎えて5日目にブリーダーさんお預けしました。
もしこのような病気だったとしたら、治療は大変なもの、時間がかかるものなのでしょうか?
原因はまだわからないけれど、ブリーダーさんからは最悪は代犬も、、、
というお話も出ています。
うちのは他に15歳の老犬も抱えているので、この先治療が大変なものになるのなら正直不安もあり、出来れば避けたい気持ちもありますが代犬も、、、ということになってしまいます。
治療自体は大変なものなのでしょうか?また完治は見込める病気でしょうか?
宜しくお願い致します。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
先天的な奇形から生じている可能性が高いでしょう。
特に事故ではないと思います
治療費は大変高いものになりますし、継続した治療が必要です
手術代だけで100万位かかる事もありますし、MRI検査やCT検査も一回で済まない
可能性が高いでしょう
内科治療だけで継続するにしても、それなりに時間もお金もかかります。
環軸椎不安定症は手術すれば完治しますが、それ以外は治りません
あくまでコントロールしているだけです
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

すみません。あと一つだけ宜しいでしょうか?

ブリーダーさんの所で生まれて、約2ヶ月間、ブリーダーさんのところではそういった症状が見られず、いたって健康でよく遊んで元気だったそうです。

うちに迎えてから3日目に初めてこういう症状が出始めました。

そういった先天性の病気が潜伏していて、急に症状が現れたということでしょうか?

やはり希望的には筋を違えただけとか、そういうことであってほしいと願ってしまいます(>_<)

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
何度も出ているようですし、筋を違えたとか偶然という可能性はごく稀でしょう
ブリーダーさんの所と飼い主さまの所での違いはおそらくよく首を使う、
相手をしてもらって動くようになったので症状が出てきた
首輪とリードで引っ張った?
タイミングは偶然的で、病状が済んで症状が一気にでてきた
などが考えられます

犬 についての関連する質問